autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ 高速道路のSAとPAって何が違うの?【週刊 クルマ事件簿】

自動車用語 2018/5/10 17:04

高速道路のSAとPAって何が違うの?【週刊 クルマ事件簿】

鬼平江戸処(羽生PA 上り)観覧車などで有名な刈谷ハイウェイ オアシス三芳SA(上り)/pasar三芳アクアライン 海ほたるPA画像ギャラリーはこちら

SAとPAの違い、知ってますか?

SA・PAの案内看板

高速道路の休憩施設には、サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)の2種類があるのはご存知の通りだが、近年その区別が曖昧になってきている。「一体何が違うの?」と思われる方も少なくないだろう。

が、国土交通省のHPは、SAとPAの違いについて、相変わらずこう説明している。

「高速道路の休憩施設は、提供するサービスの内容、休憩施設相互の位置関係によりサービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)に区分しています。一般的にはサービスエリアには休憩所、駐車場、トイレに加え売店、食堂、給油所などが備わっており、パーキングエリアには駐車場、トイレ、必要に応じ売店が備わっております」

ちなみにSAはおおむね50キロ間隔、PAはおおむね15キロ間隔で設置することが目安とされている。

民営化による収益追求の経営姿勢によって形態変化

観覧車などで有名な刈谷ハイウェイ オアシス
日本道路公団

日本道路公団時代、SAやPAは、公団の関連団体だった財団法人・日本道路施設協会がほぼ画一的に運営していたので、「トイレ休憩のためのPA」「給油や食事のためのSA」という基本線が守られていたが、そこに変化が現れたのは、道路四公団が2005年に民営化されてから。公団時代のコスト無視&画一サービスから、収益を追求する経営姿勢に変わったのが原因だ。

これにより、過疎地のSAからは、採算の取れないガソリンスタンドやレストランが撤退する一方、交通量の多い幹線高速では、徐々に施設が充実。PAによっては、敷地の拡大と設備の更新が行われ、高速道路外からも利用できる「ハイウェイオアシス」が併設される例も出てきたことで、SAとPAの区別が曖昧になった。

場所によっては、PAがSAより規模や施設が充実

津軽SA

例えば東北道最北端のSAである津軽SA(上り)には、現在トイレとコンビニしかない。かつては軽食が食べられる施設があったが、撤退してしまった。

その一方で、同じ東北道の羽生PAは、上りが「鬼平江戸処」に、下りがNEXCO東日本の新しい業態である「PASAR(パサール)」に衣替え。津軽SA(上り)はもちろんのこと、すぐ隣の蓮田SAよりも、はるかに充実した施設になってしまった。

鬼平江戸処(羽生PA 上り)羽生PA(下り線) Pasar羽生

NEXCO各社は、高速道路本体に関しては、料金を勝手に変えたりできず、経営努力といえば維持管理費の効率化くらいしかない。SAやPAでの収益は、自由競争が許されたほとんど唯一の部門なので、自然そこに力が入る。

結果的に、場所によっては、PAがSAより規模や施設が充実してしまう例が現れたというわけだ。

今や「SA」「PA」という区別はアテにならない。「もともとはそうでした」という意味くらいに捉えたほうがいいだろう。

[レポート:清水草一]

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!