autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ V60 試乗レポート/小沢コージ 4ページ目

試乗レポート 2011/1/20 14:43

ボルボ V60 試乗レポート/小沢コージ(4/4)

関連: ボルボ V60 , ボルボ S60 Text: 小沢 コージ Photo: ボルボカーズジャパン
ボルボ V60 試乗レポート/小沢コージ

ボルボ“恋愛仕様”?というわけではないようだ

ボルボ V60

走り同様、スタイルも長く外で見続けていると“やっぱりボルボだ”と感じてくる。

今回の事前海外試乗は、イタリアのヴェローナで行われ、あの『ロミオとジュリエット』でも知られるロマンチックな街だけに、「ボルボもコイツを“恋愛仕様”ってことでアピールしたいのか」と思いきや、どうやらそうではないようだ。

全体の流麗なフォルム以上に、ボルボならではの逆5角形の無骨なフロントグリルや、リアの力強いコンビネーションランプのイメージが強く印象に残り、必要以上のファッショナブルさでもない。

さらに当たり前というか感心したのが変わらぬ安全装備で、従来以上の高剛性ボディや、お馴染みのシートマウントタイプのサイドエアバッグやインフレータブルカーテン、鞭打ち低減シートに、側突時に効果を発揮するSIPSや側突=ロールオーバー時用の「ROPS」などを備えるが、それ以上に「ぶつかる前」の安全性も大きく進化している。

ボルボ V60

日本ではスバルのアイサイトが有名だが、ボルボは2年目のXC60から、既に時速30km以下の追突をほとんど無くす「シティセーフティ」を全車標準装備。

今回のV60はその進化版を付けるだけでなく、さらにハイスピード領域で効く自動ブレーキ機能を「歩行者検知機能付きフルオートブレーキ」として進化させてオプション装着。

これはミリ波レーダーだけでなく光学カメラも備え、時速0kmから200kmの幅広い領域でブレーキが、さらに最大1Gまで効くことで、マジメな話、これで障害物への衝突だけでなく、歩行者事故も減らすことが可能。

これは歩道の整備されてない日本で特に有効な機能であり、極端な話、この機能だけでV60を買ってもソンはないだろう。

という具合に見た目はトレンディで、荷室は狭いが、根本のマジメさは変わってないV60。

言わば、見た目は茶髪で多少ギャルっぽくなっちゃったけど、電車でちゃんとお年寄りには席を譲れる女のコって感じか?・・・って、ちょっとヒネり過ぎましたね(笑)

ボルボ V60 関連ページ

ボルボ S60 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ V60 の関連記事

ボルボ V60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V60 の関連記事をもっと見る

ボルボ V60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    779万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円