autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン 新型ティグアン 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2011/11/8 10:45

フォルクスワーゲン 新型ティグアン 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/3)

関連: フォルクスワーゲン ティグアン Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン 新型ティグアン 試乗レポート/渡辺陽一郎

BMW X1と比べ「機能対価格」ではティグアンが優勢

冒頭で述べた外観と併せて、新型ティグアンは内装も小規模ながら変更を受けた。質感を高めるため、シートのデザインや色彩を改めている。

注目されるのは装備の向上。パサートに続いて「ドライバー疲労検知システム」を標準装着する。ステアリングの舵角センサーを使って、操舵の速度や角度をチェック。

フォルクスワーゲン 新型ティグアン
フォルクスワーゲン 新型ティグアンフォルクスワーゲン 新型ティグアン

ドライバーが疲れたり、眠くなっていると判断した時は、メーターパネル中央のインジケーターに休憩を促す表示を行う。

ティグアンは以前から横滑り防止装置のESP、サイド&カーテンエアバッグなどを標準装着しているが、これらが作動する前に、危険な状態に陥るのを防ぐ安全装備だ。

特に長距離ドライブの機会が多いユーザーには、大きなメリットになる。

なお、ティグアンの装備内容は、X1sDrive18iと比べても充実度が高い。

まずは安全装備だが、ドライバー疲労検知システムはもちろん、エアバッグも充実する。X1sDrive18iでは、サイドエアバッグはフロント側のみ。ティグアンではリヤシートの両側にも装着される。オーディオはX1sDrive18iがCDプレーヤー付きで6スピーカーなのに対し、ティグアンはCDチェンジャーを備えて8スピーカーだ。

このほかクルーズコントロール、スイッチで操作するエレクトロニックパーキングブレーキなども優位性として挙げられる。

そして一番の違いは駆動方式。

X1sDrive18iは後輪駆動の2WDだが、ティグアンは4モーションと呼ばれるフルタイム4WDを備える。X1で4WDになるのはxDrive20i以上のグレードで、価格は424万円だ。エンジンのメカニズムも異なり、X1sDrive18iは最高出力が150馬力、最大トルクが20.4kg-mの2リッターだが、ティグアンは179馬力/28.6kg-mの2リッターターボを積む。

BMWはブランド力が高く、VWが対抗するにはメカニズムや装備で上まわることが必要。それでも「機能対価格」で判断すれば、ティグアンの方が買い得だ。

フォルクスワーゲン 新型ティグアンフォルクスワーゲン 新型ティグアンフォルクスワーゲン 新型ティグアンフォルクスワーゲン 新型ティグアンフォルクスワーゲン 新型ティグアン

フォルクスワーゲン ティグアン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ティグアン の関連記事

フォルクスワーゲン ティグアンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ティグアン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ティグアン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円