autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2013/3/25 13:50

フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/3)

フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ 試乗レポート/渡辺陽一郎

オジサンには似合う?似合わない??

フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ 試乗レポート2

3月25日、フォルクスワーゲン「ザ・ビートル」に待望のオープンモデル「ザ・ビートル カブリオレ」がデビューした。今回緊急試乗してくれたのは、愛嬌あるザ・ビートルにも負けない可愛らしさ・・・では決してない渡辺陽一郎さん(失礼)。オジサン世代にとってのザ・ビートル カブリオレ、いったいどんなクルマなのか。

「幌を降ろして走っている写真を撮りますけど、運転しているのが渡辺さんではねぇ、全然似合わないですよねぇ」などと編集のT氏に当たり前のことを言われつつ、試乗を開始した。

確かにこの外観には、50歳を過ぎた昭和臭いオッサンより、若い女の子が似合うでしょう。フォルクスワーゲンの新しい「ザ・ビートル カブリオレ」。1999年に発売されたニュービートルが、2012年に2代目のザ・ビートルにフルモデルチェンジされ、2013年3月25日にオープンモデルのカブリオレが加わった。先代型のニュービートルにもカブリオレの設定があったから、復活と表現しても良い。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ エクステリア・フロント正面フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ エクステリア・サイドフォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ フルオート電動ソフトトップ(幌)開閉2フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ フルオート電動ソフトトップ(幌)開閉4(幌カバー装着時)フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ エクステリア・リア正面

ボディサイズはちょっと大きめ

フォルクスワーゲン ザ・ビートル カブリオレ 試乗レポート5

試乗を開始すると、改めてボディが大きいことに気付く。全長は4270mmだから比較的短いが、全幅は1815mmとワイド。ベースのザ・ビートルと同じサイズで、外観にはかなりのボリューム感が漂う。先代型のニュー・ビートル カブリオレと比較すれば、140mm長く、80mm幅広い。全高は15mmほど下がった。

エンジンやプラットフォームは、現行型の「フォルクスワーゲン ゴルフ6」と共通。直列4気筒シングルカムの1.2リッターエンジンにターボを装着したTSIを搭載し、最高出力は105馬力(5000回転)、最大トルクは17.8kg-m(1500~4100回転)になる。ノーマルエンジンでいえば、1.8リッタークラスの性能だ。JC08モード燃費は17.6km/L。良好な値だが、ポロなどと同じくアイドリングストップ機能も用意して欲しい。

車両重量は1380kg。ノーマルボディのザ・ビートルに比べて100kg重く、同じエンジンを積むコンパクトなポロと比較すれば、280kgの重量増加になる。そのために幅広い回転域にわたって加速感は鈍めだが、スポーティーな走りを求めない限り不満はない。トランスミッションは7速MTをベースにAT化したツインクラッチのDSGで、加速力が欲しい時には高回転域を有効活用できる。穏やかに走るのが似合うザ・ビートル カブリオレには、不足のない動力性能だ。

[次ページへ続く]

フォルクスワーゲン ザ・ビートル 関連ページ

フォルクスワーゲン ザ・ビートル・カブリオレ 関連ページ

フォルクスワーゲン ビートルカブリオレ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連記事

フォルクスワーゲン ザ・ビートルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ザ・ビートル の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    234.9万円345.9万円