黄色いビートルを見ると幸せになれる!? ドラマの中でも発見~♪【ドラマ映画に登場するクルマたち】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
もうずいぶん昔ですが、VW ビートルを1日に何台見るとラッキーとか、それが水色や緑の場合は台数のカウントがリセットされてしまうとか、そんな“ワーゲン占い”なる流行があったのをご存知ですか?

いわゆる都市伝説ですが、そんな中でも「黄色のビートル」は別格で、他のルールをぶっ飛ばして「即、幸運」だとか(笑)。…というわけで、ドラマや映画の中で幸せを見つけに行きましょう!

>>ビートルの最終モデル「ザ・ビートル」のカラバリを写真で確認

黄色のビートルはおとぎ話とよく合う!?

「ワンス・アポン・ア・タイム」

白雪姫やシンデレラなど、誰もが知っているおとぎ話。その中の人物たちが、実は本人であると気づかずに現代の街で暮らしており、本来の自分が封じられてしまっている…という設定のこのドラマ。おとぎ話と現代が交互に描かれ、見ていると「あれ、この世界も…?」なんてパラレル気分に浸れます。

呪いを解ける唯一の人間、エマが愛車の黄色いビートルに乗って街にやってくるところから物語は始まります。

そしてなぜだか街の保安官になり、宿敵の悪い魔女(町長)と、息子をめぐって嫌がらせに口ゲンカの大バトル…! ちなみに町長の愛車は黒のメルセデス。同じドイツ車でもここはビートルに勝ってほしいぞ!

「グリム」

現代に実在するモンスターたちに立ち向かう刑事、ニック・ブルクハルト。童話で有名なグリム一族の末裔で、人間には見えない怪物を見分けることができます。

アメリカのポートランドが舞台ですが、欧州のような森や湿地が雰囲気を盛り上げています。

黄色いビートルに乗っているのは、今はベジタリアンで人間を襲わないブルットバッド(狼男)のモンロー。何やかんやで主人公を助けてくれる、お人好しならぬお狼好しのヴェッセン(魔物の総称)です。…って、無駄にカッコいいドイツ語だらけ!

ちなみにVWの本社はドイツのニーダーザクセン州ヴォルフスブルクにあります。…やっぱりカッコいい!

番外編:映画「バンブルビー」

こちらは黄色のビートルを見つけるも何も、そもそも主役! 「トランスフォーマー」シリーズのスピンオフで、クルマ好きではねっ返りの少女と、命からがら地球に逃げ、声を失ったB-127(バンブルビー)が心を通わせ、地球を救う物語です。ロボットの姿からビートルへ、そしてまたロボットへと高速で変形する様子は躍動感バツグン。

ロボット+クルマ、変形、結局は取っ組み合いの戦闘…という男子の大好物ですが、本作は青春物語にもなっていて、女子にもオススメです!

幸せの黄色いビートルを見つけたい人はぜひ、「ワンス・アポン・ア・タイム」「グリム」「バンブルビー」を堪能して下さいね!

MOTA編集部オススメ【ドラマ映画に登場するクルマたち】

MOTAでは、“ドラマ映画に登場するクルマたち”と題し、家族で楽しめる海外ドラマや映画、そして、そこに登場する名車をご紹介していきます。

主人公じゃなくても、時にはストーリーテラーとして、はたまた物語の進行を決定づけるキーアイテムとして、クルマが重要な役割を果たすことも…。次はどんな物語とクルマが登場するのかぜひお楽しみに!!

▼過去のご紹介作品はコチラ▼

エージェントオブシールド

Xファイル2016

SUPERNATURAL

ブラインドスポット

エレメンタリー

フォルクスワーゲン/ザ・ビートル
フォルクスワーゲン ザ・ビートルカタログを見る
新車価格:
245万円405.5万円
中古価格:
69万円409万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲン ザ・ビートルの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン ザ・ビートルのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン ザ・ビートルの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン ザ・ビートルの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン ザ・ビートルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる