autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム VWの新型「ゴルフ8」に迫る!ディーゼル不正から1年、次世代「MEB」で新時代への幕開け 3ページ目

自動車評論家コラム 2016/9/28 20:33

VWの新型「ゴルフ8」に迫る!ディーゼル不正から1年、次世代「MEB」で新時代への幕開け(3/3)

関連: フォルクスワーゲン Text: 川端 由美 Photo: VW AG/和田清志
VWの新型「ゴルフ8」に迫る!ディーゼル不正から1年、次世代「MEB」で新時代への幕開け

次世代のモビリティは“乗れるデバイス”

フォルクスワーゲンの本社工場

さらにこのコンセプトカーでは、価格、充分な室内空間、充電システムといった基本的な部分に加えて、ユーザーエクスペリエンス、HMI、インターネット接続といったデジタライゼーションも盛り込まれる。"A Smart Device on the Wheels"、直訳すれば「車輪の上の賢いデバイス」だが、要はスマホの上に乗るようなものだとして、次世代のHMIやコネクティビティを盛り込む方針だ。

ビートルがシンプルで耐久性に優れ、手の届きやすい価格で評価されたのに対し、ゴルフは万国共通で普遍的で、カスタマーバリューが高い点で評価を受けている。

では、MEBに求められるのは何かというと、電動モビリティ、高度な自動化、ユーザーエクスペリエンス、常時接続を担保したデジタル・エコシステムの搭載だという。

…と、あまりにも未来的な何かを並べ立てられても、どんなクルマになるか想像がつかないだろう。具体的に説明すれば、現在のクルマは約90%の時間停車しており、朝の通勤では渋滞し、その間スマホを操作することもかなわない。

これに対して、次世代のモビリティは“乗れるデバイス”であり、朝の通勤時に仕事の準備をしたり、コミュニケーションをしたり、ドライバーも一緒に家族と車内で楽しい時間を過ごせる。停車中、クルマに宅配便が届くなんてこともできる。もちろん、ローカルでの排ガスはゼロだ。

eモビリティで300万台生産への野望

フォルクスワーゲンの本社工場フォルクスワーゲンの本社工場

将来的には、駐車場の予約ができるなどの周辺サービスを充実させて、クルマのユーザーがより快適に人生を送れるサービスを提供するとまで考えている。

クルマのカギをあけるのではなく、「VW ID」で個人認証をして、デジタルでのログインになる。車載OSとアプリの準備も万全で、世界初の「iTunes Appstore for cars」も用意されている。自動運転への道筋も整っている。

必要なソフトは、常にオンラインでアップデートもできる。どうやら、パリサロンで登場する新しいアーキテクチャを持つEVと、その先にある「MEB」は、次世代のフォルクスワーゲンを担う中核となるようだ。

eモビリティで300万台を生産する自動車メーカーを目指すというフォルクスワーゲンの目標は、野望めいて聞こえるが、将来への答えとして確信が持てているからこそ、来るべき電化の時代を見越した量産プラットフォームとして「MEB」をローンチするのだ。

[Text:川端由美]

筆者: 川端 由美
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン の関連記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円