autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン パサート オールトラック 試乗レポート/飯田裕子

試乗レポート 2012/6/27 13:37

フォルクスワーゲン パサート オールトラック 試乗レポート/飯田裕子(1/3)

関連: フォルクスワーゲン パサートオールトラック , フォルクスワーゲン パサートヴァリアント , フォルクスワーゲン パサート Text: 飯田 裕子 Photo: オートックワン編集部 撮影協力:富津ブルストルヒル ゴルフ&レジデンス
フォルクスワーゲン パサート オールトラック 試乗レポート/飯田裕子

現行パサートファミリーで初の「4MOTION」(4WD)システム搭載

フォルクスワーゲン パサート オールトラック エクステリア・リアフォルクスワーゲン パサート オールトラック 外観(前)

フォルクスワーゲン(VW) パサートシリーズに追加された新型モデル『パサートオールトラック』。昨年2011年の東京モーターショーで発表されてから半年で、いよいよ日本導入が開始された。

ワゴンよりも車高は高いが、SUVほどガッチリと背高モデルではない、「クロスオーバー」車とでも言うべきこのジャンル。例えばスバルの「レガシィ アウトバック」やアウディの「オールロードクワトロ」のようなモデルがあり、根強い支持を集めている。

フォルクスワーゲン パサートオールトラックには、現行パサート・ファミリーにはラインナップがなかった「4MOTION」(VWの4WDシステム)を新たに標準装備。さらにVWのSUVに採用されている「オフロードスイッチ」(走行モード)をSUVモデル以外で初めて搭載。結果、パサートオールトラックはベースの「パサートヴァリアント」に比べ一般道からラフロードまで走行領域を広げ、アウトドア派に嬉しい性能を持つモデルに進化した。単なる見た目の違いだけじゃなく、中身も本格派のオフローダーなのだ。

日本では輸入車選びの際、セダンとは異なる付加価値を求めるユーザーはワゴンスタイルを求める傾向にある。パサートのラインナップへ新たに加わるオールトラックは、人とは少し違ったスポーティなアウトドアスタイルを都会でも日々楽しみたい、という方に、新たな選択肢を広げる存在となるはずだ。

日常でも役立つ、30mmアップの車高

フォルクスワーゲン パサート オールトラック フロント周りフォルクスワーゲン パサート オールトラック 225/45R18タイヤ(モビリティタイヤ)+8JX18アルミホイール

フォルクスワーゲン パサートオールトラックのボディサイズは、全長4785㎜×全幅1820㎜×全高1560㎜。パサートヴァリアントに対し30㎜全高が高いが、これは地上高が130㎜→160㎜と上がっているためだ。

3センチの車高アップにより、フロントのアプローチアングル(フロントバンパーと傾斜の接触角度)は13.5°→16.0°、同じくリアのデパーチャーアングルは11.9°→13.6°に変わっている。

何も悪路だけで生かされる性能ではない。都内でしばしば見かける戸建の家の半地下の車庫や、マンションの地下駐車場へのアプローチには、勾配のキツイ場所も意外とある。そんな駐車条件でも、3センチアップした全高のおかげで出し入れがラクになるのだから見逃せないのだ。ただし、機械式立体駐車場(古いタイプだと車高1550mm以下の制限があり、車幅も同様に1800mm以下指定の箇所もあったりする)に対しては注意が必要だ。

フォルクスワーゲン パサートオールトラック 関連ページ

フォルクスワーゲン パサートヴァリアント 関連ページ

フォルクスワーゲン パサート 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン パサートオールトラック の関連記事

フォルクスワーゲン パサートオールトラックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン パサートオールトラック の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン パサートオールトラック の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円