autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート エコにも走りにも本気なプラグインハイブリッドでイッキに1000km走ってみた/「VW ゴルフ GTE」試乗レポート 4ページ目

試乗レポート 2016/04/28 11:51

エコにも走りにも本気なプラグインハイブリッドでイッキに1000km走ってみた/「VW ゴルフ GTE」試乗レポート(4/5)

関連: フォルクスワーゲン ゴルフ Text: 今井 優杏 Photo: 和田清志・フォルクスワーゲングループジャパン
エコにも走りにも本気なプラグインハイブリッドでイッキに1000km走ってみた/「VW ゴルフ GTE」試乗レポート

期待をはるかに裏切るスポーツフィール

「フォルクスワーゲン ゴルフ GTE」[PHEV(プラグインハイブリッド)] 試乗レポート/今井優杏

さて、その往復1000km(プラス帰省中にあちこちチョロチョロ走ってみてさらに100km程度)、いやはやホントに楽しかった。運転自体は申し分ないどころか、期待をはるかに裏切るスポーツフィールである。

乗り込んでみるとそのどっしりした重量感にまず気づくことになる。この辺はGTIあたりと大きく性格を分けるところではないかと思う。GTIで1.390kg、GTEは1.580kg、このコンパクトなサイズ感において190kgの差は大きい。

しかし、アクセルペダルを踏み込んだら、その重量感は文字通り一蹴されたようなトルクにかき消される。残像がその場に残っちゃうかのようなどっかん加速なんだもの。

それは通常のHVモードを選んでいた時でさえもそうで、不用意に踏み込んだら、加速Gでシートに身体が張り付いてしまうくらいだ。

充電がなくなっても、心配ないさー♪

「フォルクスワーゲン ゴルフ GTE」[PHEV(プラグインハイブリッド)] 試乗レポート/今井優杏

だから、逆に言えばカタログ通りの航続距離は出しにくい。このスロットルを開けて速度に乗せて行く感じが楽しくて、ついつい転がし始めから大目にアクセルを踏んでしまうからだ。そんな調子に乗った運転をしていると、インジケーターに表示された充電残量がたとえ法定速度内の運転でも目に見えて減って行ってしまう。

しかし、充電が完全になくなってしまうことはない。システムを保持させるために、充電の残量がある程度までなくなると、エンジンがジェネレーターのような役目を果たして給電が始まるし、ブレーキからの回生ももちろん行われる。

だから、逆に言えばこのモーターのトルクは、たとえ外部から給電していなかったとしても失われることはないのだ。

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。