autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ 新型ヴェルファイア・アルファード 先進安全技術「速攻」試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2015/1/26 22:05

トヨタ 新型ヴェルファイア・アルファード 先進安全技術「速攻」試乗レポート/渡辺陽一郎(2/2)

関連: トヨタ ヴェルファイア , トヨタ アルファード Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
トヨタ 新型ヴェルファイア・アルファード 先進安全技術「速攻」試乗レポート/渡辺陽一郎

「インテリジェントパーキングアシスト2」の実に悩ましい価格設定

トヨタ新型ヴェルファイアと渡辺陽一郎氏

「インテリジェントパーキングアシスト2」はさまざまな技術の応用だから、価格はさほど高まらない。とはいえメーカーオプションのSDナビゲーション&JBLプレミアムサウンドシステムに組み込まれるため、オプション価格の総額は56万1600~70万2000円だ。このあたりは悩ましいところだろう。

ちなみに日産も、エクストレイルなどにインテリジェントパーキングアシストを設定している。駐車スペースの設定に若干の手間を要するが、基本的な使い方はほとんど変わらない。そしてエクストレイルのオプション価格は、斜め後方を走る車両の検知機能なども含めて32万7240円だ。

ヴェルファイア&アルファードは、上級ミニバンとあってJBL製のスピーカーなども加えるため、価格が高まった。

クルコンは「全車速追従型」へと進化

新型アルファード・ヴェルファイアのレーダークルーズコントロールを試乗体験中の様子新型アルファード・ヴェルファイアのレーダークルーズコントロールを試乗体験中の様子

このほか「レーダークルーズコントロール」も体験することが出来た。

基本的な機能は、衝突の回避を支援する「プリクラッシュセーフティシステム」を含めて従来型と同じだが、クルーズコントロールは「全車速追従型」へと進化。電動パーキングブレーキを採用したからだ。

先行車との車間距離を自動的に調節しながら追従走行し、先行車が停止すると自車も止まる。この後、停車時間が長引いても電動パーキングブレーキを使えるため、全車速追従の機能が与えられた。

全車速追従型のクルーズコントロールと電動パーキングブレーキの組み合わせは、レガシィのアイサイトバージョン3などを含めて採用車種は多い。目新しい機能ではないが、従来のように一定速度を下まわると自動的にキャンセルされるクルーズコントロールでは、近年ではユーザーによって危険を招く場合がある。

ユーザー側が全車速追従型と“誤認”していると、低速になってもドライバーは自分でブレーキを操作せず、追突する心配があるからだ。

つまり、全車速追従型のクルーズコントロールが登場した以上、ほかの車種も電動パーキングブレーキを備え、同様の機能に進化させる必要が生じた。新型ヴェルファイア&アルファードは、この流れに沿った変更を加えている。

いずれも特に新しい装備ではないが、「新世代の大空間高級サルーン」であるためには必要不可欠の機能。トヨタらしい周到さともいえるだろう。

なお、今後のトヨタの衝突回避支援機能は、カメラを併用して歩行者や自転車も認識するタイプに進化していく。トヨタの新型車やマイナーチェンジに注目していきたい。

トヨタ 新型ヴェルファイアトヨタ 新型ヴェルファイアトヨタ 新型アルファードトヨタ 新型アルファード新型ヴェルファイア 助手席スーパーロングスライドシート実演の様子

トヨタ ヴェルファイア 関連ページ

トヨタ アルファード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴェルファイア の関連記事

トヨタ ヴェルファイアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴェルファイア の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴェルファイア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21