autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK THE NEXTALK ~次の世界へ~ トヨタ福祉車両 製品企画主査 中川茂インタビュー 5ページ目

NEXTALK 2011/10/14 18:00

THE NEXTALK ~次の世界へ~ トヨタ福祉車両 製品企画主査 中川茂インタビュー(5/5)

関連: トヨタ Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤靖彦
THE NEXTALK ~次の世界へ~ トヨタ福祉車両 製品企画主査 中川茂インタビュー

目指すべき未来

福祉車両の開発に自ら手をあげて関わってきた中川にとって、改めて、クルマとはどのような意味を持つ存在なのだろうか?

THE NEXTALK トヨタ 中川茂インタビュー

【中川茂】私はもともとクルマ好きで、何処へ行くにもクルマで移動してきました。さらに福祉車両の開発に関わるようになり、車椅子で生活する人にとって、クルマが自分以上に必要不可欠なものであることを痛感しました。

これは個人的な経験ですが…娘を連れて家族で東京へ旅行に行ったときのことです。自宅から東京まではクルマで行きました。しかし東京は鉄道が便利なので、ある博物館の見学には電車で行ってみようと思ったのです。ところが、バリアフリー化が進んだとはいっても、まだ駅によってはエレベーターが必ずしもない所があります。

また、電車が混んでいると、車椅子のまま娘を乗せるのは気が引けて、結局、車椅子をたたみ、抱っこして乗ることもありました。とにかく大変で、気も遣うし、もうこりごりという思いでした。私にとって、それは一つの貴重な経験でしたが、娘のことを思うと、やはりクルマで行けばよかったと反省しました。

THE NEXTALK トヨタ 中川茂インタビュー

中川は、海外で目撃したこんな経験談を語る。

【中川茂】ドイツへ行ったとき、車椅子の人が当たり前のように電車に乗ってきて、その乗り降りに際しては、見ず知らずの周りの乗客たちが、これも当然のことのように車椅子を持ち上げてくれたりして、何の不自由もなく鉄道を利用していたのです。

日本でも、駅などのバリアフリーが整備されていくことが大切なのは言うまでもありませんが、さらに、障害を持つ人たちが健常者と同じように当たり前に生活し、公共交通機関を使って容易に移動できるよう、自然に人々の手が伸びるような、世の中の人々の意識に変化が起こるといいなと思います。そのためにも、障害を持つ人たちがもっと外へ出て行けるように、福祉車両が普及して、出掛けやすくなっていくことを望んでいます。しかも、これから高齢化社会になっていくと、お年寄りで車椅子を必要とする方が増えるはずです。

ところが、実際はなかなか普及しないのですね。価格の問題もまだあるかもしれませんが、何年か後に、福祉車両を標準車と同じように利用をしたいと思ったとき、例えばミニバンなら車椅子を持ち上げるためのテールゲートがあって荷物の出し入れがし難いなどがあるため、購入を躊躇することが考えられます。

そこでいま、福祉車両の「普通のクルマ化」ということにも取り組んでいます。

THE NEXTALK トヨタ 中川茂インタビュー

福祉車両の開発に止まらず、障害者の社会進出など広い視野で福祉を見つめる中川の座右の銘とは、「その努力の延長線上に、世の中の幸せがあるか?」である。

【中川茂】私の場合、色々な発言や行動が、得てして近視眼的な我田引水になりがちと自戒するところがありますが、私の限られたエネルギーの放出先は、自分や会社が相対的に有利になるように使うのではなく、世の中のために使うことが重要だと日頃意識しています。

福祉車両の分野は、パイの取り合いより、まだ自由な移動の恩恵を受けていない方々へ、その自由を新たに提供することに力を注がなければならない段階にあると思っています。

自動車メーカーに勤めながら、クルマ作りに止まらず、現実の社会を広く見聞し、人々の幸せを実現するためには何でも厭わず実行する。その中川の志は、世界の自動車メーカーの創始者たちが、創業時に思い描いた志に通じる、世のため人のためという原点であると思う。END

筆者: 御堀 直嗣
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27