autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ SAI 試乗レポート/松下宏 3ページ目

試乗レポート 2009/12/8 20:23

トヨタ SAI 試乗レポート/松下宏(3/3)

関連: トヨタ SAI Text: 松下 宏 Photo: 原田淳/オートックワン編集部
トヨタ SAI 試乗レポート/松下宏

走行フィールは静かで滑らか

トヨタ サイ(SAI)
トヨタ サイ(SAI)トヨタ サイ(SAI)

SAIの走りは、なかなかの好フィールだ。ハイブリッド車らしい、静かで滑らかな走りが得られるからだ。緩やかにアクセルを踏み込むとモーターだけでスルスルと発進し、アクセルを踏み込んでいくとエンジンがかかってより力強い走りが得られる。

高速クルージングなど巡航中は基本的にエンジンで走り、余った動力はモーターで発電してバッテリーに蓄える。状況に応じて、エンジンにモーターが加わって加速を強めたり、あるいは減速時に回生ブレーキが働いてエネルギーを回収するなど、自由自在なエネルギーコントロールが行われるのはトヨタのハイブリッドシステム「THS-II」ならではの部分である。

アクセルを踏み込んでエンジンを回したときには騒音レベルが高まるが、全体的には静かな走りが可能だ。

レクサス HS250hに比べると、やや音が大きいような印象もあったが、これは試乗した路面が異なることによって生じたものらしい。同じ条件の路面で測定すると、静粛性のレベルは同等だという。このあたりは、SAIの開発陣がこだわった部分だそうだ。

SAIには、Sに標準で装着される16インチタイヤとGに標準で装着される18インチタイヤの2種類が設定されているが、乗り心地や静粛性などでより好感が持てたのは16インチタイヤのほう。

18インチは、ポテンザRE505Aでグリップ性能などには優れるが、あえて18インチを選ぶまでもないという印象だった。16インチなら4.2mで回れる最小回転半径が18インチでは5.6mとかなり大きくなることや、クルマを買った後でスタッドレスタイヤを購入するときのことを考えると、ますます16インチタイヤのほうがお勧めになる。

買うなら「ASパッケージ」がお勧め

トヨタ サイ(SAI)

個人的には、SAIを買うなら「S」がお勧め。できるならベースのSではなく、プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロールを標準装備した「ASパッケージ」を選びたい。

ASパッケージには、事故後の安全に貢献するヘルプネットなども標準となるため、Sに対して50万円近く高くなるが、少々無理をしてでもASパッケージを選んだほうが良い。

SAIとHS250hを比べると、ベースグレードで約60万円ほどの価格差がある。この価格差は、2/3くらいが装備や仕様の違いによるもので、約20万円くらいがレクサス店のブランド代といった感じになる。

実利重視で考えたらSAIのほうがお勧めだが、サービスの良さも含めたHS250hとの違いは、両方の見積書を見ながらじっくり比較するといい。またプリウスのベースグレードである「L」との比較では130万円以上、S同士の比較でも100万円以上の価格差があるが、これは性能や機能、装備などに大きな違いがあるためだ。

プリウスとは全く異なるクラスのクルマなので、価格を比較すること自体にあまり意味はない。

現時点(2009/12/8)では、SAIのほうが納期が早いから、来年3月より前の早期納車を目指すなら早めにSAIを注文したほうが良いだろう。

筆者: 松下 宏

トヨタ SAI 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ SAI の関連記事

トヨタ SAIの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ SAI の関連記事をもっと見る

トヨタ SAI の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28