autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ 新型プリウスは果たして「買い得」なのか ~現行プリウスと比較~

新型車解説 2015/10/18 09:52

トヨタ 新型プリウスは果たして「買い得」なのか ~現行プリウスと比較~(1/4)

トヨタ 新型プリウスは果たして「買い得」なのか ~現行プリウスと比較~

新型プリウスは果たして「買い得」?

トヨタ 新型プリウス

2015年の最後を飾る新型車といえば、12月9日に発表予定のトヨタ 新型「プリウス」だろう。

プリウスは言わずと知れたハイブリッド車の代表格で、次期型は4代目になる。現行の3代目プリウスが販売好調なため、代替え需要も豊富。読者諸兄の中にも、新型プリウスの購入を考えている方が多いと思う。

新型プリウスのJC08モード燃費は「40km/L」を目標としており、プラットフォームも刷新する。さらには安全装備も充実させて、商品力を大幅に高めてきそうだ。

そこで今回、現在までに公表されている情報や筆者がプレス向けの発表会にて実際に確認したプロトタイプ車両の情報などをもとに、新型プリウスが果たして「買い得なのか」について予想してみたい。

現行プリウスと燃料電池車「MIRAI」を融合させたデザイン、ボディサイズはやや拡大

トヨタ 新型プリウストヨタ 新型プリウス

新型プリウスのエクステリアは、ルーフが円弧を描く現行プリウスの路線を踏襲しながらも燃料電池車のMIRAIに似た感覚を盛り込んでいる。

今のトヨタ車に良く見かけられる、グリルの開口部を大きく取ったデザインではないが、ロー/ハイビームを1灯で使い分ける「バイビームヘッドランプ」に「LEDクリアランスランプ」を組み合わせるなど、フロントマスクを先進的に仕上げる。

新型プリウスのボディサイズは、全長が4,540mm、全幅は1,760mm、全高は1,470mm。現行プリウスに比べて60mm長く、15mm幅広く、20mm低い。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2,700mmで現行プリウスと同じ。

そのためにオーバーハング(ホイールの中心からボディが前後に張り出した部分)の長さは、フロント側で25mm、リア側で35mm、それぞれ拡大される。

ボディサイズが少し拡大したうえにサイドウィンドウの下端を後ろに向けて大きく持ち上げたので、斜め後方の視界が良くない。購入するなら縦列駐車などを試したいところだ。

それでも15インチタイヤ装着車の最小回転半径は5.1mに収まり(現行型は5.2m)、小回りの利きは少し向上する。またCd値(空気抵抗係数)は、現行型の0.25よりも優れた0.24を実現させている。

トヨタ 新型プリウストヨタ 新型プリウストヨタ 新型プリウストヨタ 新型プリウストヨタ 新型プリウス

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25