autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ アクア マイナーチェンジ(2014年12月)新型車解説/渡辺陽一郎

新型車解説 2014/12/8 13:15

トヨタ アクア マイナーチェンジ(2014年12月)新型車解説/渡辺陽一郎(1/2)

トヨタ アクア マイナーチェンジ(2014年12月)新型車解説/渡辺陽一郎

これまでも燃費向上など、数々の改良が図られてきたトヨタ アクア

トヨタ アクア イメージ(2012年に撮影)

小型&普通車のベストセラーとして、揺るぎないポジションを守っているのが「トヨタ アクア」だ。

今はクルマの売れ行きが全般的に低調で、1ヶ月に6千台以上を売れば人気車の部類に入る。小型&普通車の販売ランキングなら、月販6千台で「トップ10入り」も可能だ。このような状況で、アクアは1ヶ月に1万5千~2万台も販売されている。ちなみにアクアの2014年1~11月の累計販売台数は約21万7千台。小型&普通車のトップであり、軽自動車のタントとほぼ同じ台数である。

昨今は軽自動車に人気が集中しつつあるが、アクアの売れ行きは好調に推移。アクアが好調に売れる背景には、複数の理由がある。

まずは「燃費性能」が世界的にもナンバーワンの水準にあること。JC08モード燃費は「37km/L」で、マイナーチェンジを行った2014年12月8日の時点では、日本車の燃費ナンバーワンである。

そして直列4気筒の1.5リッターエンジンをベースにしたハイブリッドは、低燃費でありながら「動力性能」も高い。低重心のボディと相まって、機敏な運転感覚を楽しめる。ボディが5ナンバーサイズに収まるから、混雑した街中でも運転がしやすい。

「価格」も割安で、売れ筋グレードは200万円以下に収まって購入しやすい。加えて取り扱いディーラーは、トヨタ店/トヨペット店/トヨタカローラ店/ネッツトヨタ店とトヨタの全系列にわたり、全国の「約4,900店舗」で購入できる。このほかアクアはカーリースの条件が良く、「法人需要」も旺盛だ。レンタカーに多く使われていることなども、販売が好調な理由に挙げられる。

トヨタ アクア/2011年発表会当時の模様

アクアは人気車とあって、改善を頻繁に受けてきた。アクアが初めて登場したのは2011年12月の下旬で、2013年5月には一部改良を実施。装備を充実させてソフトレザーセレクションも加えた。

同じ年の11月にもエンジンの摩擦抵抗を抑えるなどの改善を施し、JC08モード燃費を1.6km/L向上させて現在の37km/Lに達した。サスペンションの設計も見直して、乗り心地と走行安定性のバランスを高めている。

アクア マイチェンによりフロントマスクが精悍なイメージに

トヨタ アクア S/フロントバンパートヨタ アクア S/LEDヘッドランプトヨタ アクア S/リヤコンビネーションランプトヨタ アクア S/エアアウトレット

そして2014年12月8日に、改めてマイナーチェンジが図られた。このマイナーチェンジでは、別項で触れている「X-URBAN」を設定したほか、内外装のデザインにも変更を加えた。

まずは外観だが、フロントバンパーの造形を刷新。LEDヘッドランプは、1灯の光源でロー/ハイビームの切り替えを可能にする「バイ・ビーム」に変えている。これらの相乗効果により、フロントマスクは精悍なイメージに仕上がった。

リアのコンビネーションランプ(テールランプ)は、縦基調のデザインに改められ、5ナンバー車でありながらワイド感を強調している。ターンシグナルにはメッキの装飾を施し、後ろ姿の質感も高めた。

フロントフェンダーの後部にエアアウトレットを追加することで、空力特性を向上させたことも注目される。

トヨタ アクア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アクア の関連記事

トヨタ アクアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アクア の関連記事をもっと見る

トヨタ アクア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28