autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 スズキ エスクード 新型車徹底解説 6ページ目

新型車解説 2005/6/17 13:20

スズキ エスクード 新型車徹底解説(6/6)

スズキ エスクード 新型車徹底解説

プラットフォームはモノコックに駆動はフルタイムに変更

新型エスクードでもっとも変わったのは、その基本となるメカニズム。まず、従来はラダーフレームであったボディはモノコックに変更された。もちろんモノコックとはいっても、ビルトインフレームタイプで強固なものとなっている。

また駆動方式もパートタイム4WDから、機械式LSD付きのセンターデフフルタイムに変更。走行モードは4H、4Hデフロック、4Lデフロックの3種でニュートラルモードも用意されている。

サスペンションはフロントがストラット、リヤがマルチリンク式。スタビライザーはフロントのみに装着され、リヤは自由なタイヤの動きを可能にている。アプローチアングルは29度、ディパーチャーアングルは27度、ランプブレイクオーバーアングルは19度となっている。

スズキ エスクード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ エスクード の関連記事

スズキ エスクードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ エスクード の関連記事をもっと見る

スズキ エスクード の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25