スズキ エスクードはコンセプトモデルをそのまま市販していた! 2013年に登場したiV-4はエスクードそっくりの超かっこいいデキだった

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
今巻き起こっているコンパクトSUVブームのはるか昔、1989年にデビューしたのがスズキ 初代エスクードだ。当時のSUVといえば大型モデルしかなく、コンパクトで都会的なデザインであったために瞬く間に大ヒットとなった名車である。現行モデルは2015年に登場したのだが、その2年前に開催された東京モーターショー2013でコンセプトモデルが発表されており、これがまたカッコよかったのだ。しかも市販車にそっくりというデキであった。今回は現行エスクードの元となったiV-4をご紹介!

今のSUV人気はエスクードの存在があったから! エスクードはパイオニアだった

先にも述べた通り、スズキ エスクードはSUVの歴史を語る上で無視できない重要なモデルである。初代エスクードは1989年に登場したのだが、当時は三菱 パジェロやトヨタ ランドクルーザーといった大型モデルしか存在していなかった。

その時代にコンパクトなボディでジムニー譲りの本格的な悪路走破性を備えていたことから瞬く間に大ヒットとなったモデルである。

そして今、世界的に流行しているコンパクトSUVのパイオニアでもあるのだ。

現行モデルからは、これまで一貫して採用していたラダーフフレーム構造をやめ(3代目モデルはビルトインモノコックボディを採用)、乗用車と同様のフルモノコックボディを採用。

理由としてはラダーフレームは悪路走破性には優れるものの、重要が嵩むために環境性能が悪く、とくに燃費は乗用車に比べると決して褒められる数値ではなかったのだ。今の“燃費は良くて当たり前”という時代であり、エスクードはニーズにあった進化を遂げているのだった。

大幅イメチェン! iV-4はスズキらしいデザインで大勝負

エスクードの歴史はこれくらいにして、今回の本題であるコンセプトモデル「iV-4」だ。

日本初お披露目となった東京モーターショー2013の際に、スズキは「iV-4をベースにした量産車を2015年に販売する」と発表していた。そのため「もしや新型エスクードでは?」と囁かれていたのだが、これまでのイメージとは大きく異なるためにあくまでウワサレベルで留まっていたのだ。ところが2015年にほとんどそのままの姿でエスクードとしてデビュー。

コンセプトモデルのiV-4から大きな変更点はないものの、ぜひとも採用してもらいたかった装備は、後方をカメラで映すミラーレスのスリムなサイドミラーととフルLEDヘッドライトだ。

2013年当時は法的にも認められていなかったミラーレスのサイドミラーであるが、現在はレクサス ESなど数車種は市販化に踏み切っている。だが、スズキの現行車種で未だ採用例はなく、ぜひとも採用して欲しい機能だ。

通常コンセプトモデルは未来を示唆するモデルであるため、市販車のデザインと比べると大きくかけ離れているモデルが多い。にもかかわらずiV-4ほど市販車に近いデザインはなく、かなり珍しい事例であるのだ。

せっかくカッコいいデザインでデビューしたエスクードだが、決して売れているという状況ではない。当時注目されたコンセプトモデルなだけに、もう少し人気が集まって欲しいところ。事実、エスクードは走行安定性もクラス随一であり、悪路走破性も高い実力派の本格SUVなのだ。もっと人気を博してもらいたい!

【筆者:MOTA編集部】

スズキ/エスクード
スズキ エスクードカタログを見る
新車価格:
270.8万円277.4万円
中古価格:
43.3万円333.7万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... KANAYA RESORT HAKONE

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ エスクードの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ エスクードのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ エスクードの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ エスクードの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ エスクードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる