autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 スズキ エスクード 新型車徹底解説 5ページ目

新型車解説 2005/6/17 13:20

スズキ エスクード 新型車徹底解説(5/6)

スズキ エスクード 新型車徹底解説

トノボートを装着したままスーツケース3個を収納可能

ボディの大型化に伴ってラゲッジルームの容量もグッとアップした。ラゲッジルームにはハードタイプのトノボードが装着されるが、このボードが付いた状態でスーツケース3個を立てて搭載可能。この状態での横幅は1333mmもあり、奥行きも730mmだ。

トノボードを外せばラゲッジルーム高は1030mmとかなり高い。リヤシートは6対4分割のタンブル方式でホールディングでき、スペースアップが可能。スペースアップ時の奥行きは1230mmにまで拡大できる。

各所に設けられた小物入れ関係も充実していている。このあたりの作りのうまさは、さすがに軽自動車で得たノウハウが生かされていると感じる。デッドスペースを作ることなく、上手にポケッテリアを実現している。

スズキ エスクード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ エスクード の関連記事

スズキ エスクードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ エスクード の関連記事をもっと見る

スズキ エスクード の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22