autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 エンジンもマニュアルも“専用チューニング”、新型「アルトワークス」は“買い”か [徹底解説]

新型車解説 2015/12/24 11:58

エンジンもマニュアルも“専用チューニング”、新型「アルトワークス」は“買い”か [徹底解説](1/3)

エンジンもマニュアルも“専用チューニング”、新型「アルトワークス」は“買い”か [徹底解説]

東京モーターショーでも大いに人気を集めた新型「アルトワークス」

スズキ 新型アルトワークス 東京モーターショー2015にてスズキ 新型アルトワークス 東京モーターショー2015にて

先ごろ開催された第44回東京モーターショー2015のスズキブースで、意外なほど注目を集めていたのが参考出品車の「アルトワークス」だった。

この車名は、中高年齢層のクルマ好きには懐かしいだろう。初代アルトワークスは1987年に2代目アルトに設定されて人気車となった。

当時、エンジンは直列3気筒550cc(今日の660ccになったのは1990年から)のツインカムターボを搭載。軽自動車では最初のツインカムターボとあって、最高出力は64馬力を達成した。

だが、運輸省(現在の国土交通省)がこの数値に難色を示して自主規制の対象になり、30年近くを経た今でも、軽自動車の最高出力は64馬力が上限になる。

この後、アルトワークスは1998年に登場した5代目アルトまで合計4世代にわたって設定されたが、2000年代に入るとワゴンRのRRやスティングレーがスポーティな軽自動車として定着。2004年登場の6代目、2009年登場の7代目アルトには、ターボを装着したスポーティグレードは設定されなかった。

「アルトターボRS」が発売されたものの・・・

スズキ アルトターボRS
スズキ アルトターボRSスズキ アルトターボRS

ところが、2014年12月にアルトが8代目の現行型に一新され、2015年3月には「アルトターボRS」が追加された。

現行アルトはプラットフォームや足まわりの一新によって徹底的な軽量化が施され、車両重量は先代型に比べると60kg(比率に換算すると約9%)軽い。

その一方でボディ剛性を曲げと捩りともに約30%向上させたから、足まわりの一新と相まって走行性能が大幅に高まった。となればスポーツモデルも成立させやすく、久々のターボ搭載車としてアルトターボRSが用意された。ただし、車名はワークスではない。

[参考] スズキ アルト ターボRS 試乗レポート [2015年3月19日]

トランスミッションはシングルクラッチを使う自動変速も可能な5速AGS(オートギヤシフト)のみだ。

2代目アルトに遡るとツインカム12RSが登場した後にワークスに至った経緯もあり、一部のユーザーからは「5速MTを選べるさらに高性能なワークスが欲しい」という声が高まっていた。

スズキ アルトワークス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ アルトワークス の関連記事

スズキ アルトワークスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ アルトワークス の関連記事をもっと見る

スズキ アルトワークス の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25