スズキ 新型アルトワークスは初のマイルドハイブリッド搭載!? 先進装備の充実で車重はキープし、価格は160万円スタートか!?

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
軽自動車のハイパフォーマンスモデルといえばスズキ アルトワークスだ。現行モデルは2015年デビューと、今年2021年に6年目を迎えているとあって、新型アルトワークスの登場に期待が高まっている。そこで今回はまもなく登場する予定の新型アルトワークスを今わかっている情報をもとに予想していこう。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型アルトワークスまもなくの登場か!?
  2. まずは新型アルトを投入! 燃費は30km/Lに近づく可能性あり
  3. 新型アルトワークスは車重をキープし、先進装備を充実!? 価格は10万円アップか!?

新型アルトワークスまもなくの登場か!?

スズキ アルトワークスといえば、軽自動車界きってのハイパフォーマンスモデルである。現行アルトワークスは4代目モデルにあたり、先代モデルは2000年に生産が終了されていたために、現行モデルはじつに15年ぶりの復活であった。

振り返ってみると2000年以降の自動車は燃費重視のモデルが台頭し、アルトワークスのようなハイパフォーマンスモデルにとっては厳しい時代であった。

2010年代に入ると、燃費重視のモデルの普及とともにハイパフォーマンスモデルも復活しつつあった。その筆頭が、ホンダ S660やダイハツ コペン、そしてスズキ アルトワークスである。

>>【スクープ】三菱 新型アウトランダーPHEV2021年冬に国内発売! 価格は450万円スタートか!?

まずは新型アルトを投入! 燃費は30km/Lに近づく可能性あり

アルトワークスはその名の通り、スズキ アルトの派生モデルである。今後の流れとしてはベースとなるアルトをフルモデルチェンジし、その後にアルトワークスが追加されるというイメージである。

まず新型アルトに期待したいのは、マイルドハイブリッドの搭載である。同社のワゴンRやスペーシアといった主力のモデルに搭載されている技術を、晴れてアルトにも採用するというワケだ。現行モデルのWLTCモード燃費は25.8km/Lをマークしているが、マイルドハイブリッド搭載に際して30km/Lに近い数値を記録する可能性も大いにあるのだ。

先進安全装備も、現在の赤外線を利用したレーダーブレーキサポートではなく、レーダーとカメラの2つで制御するデュアルカメラブレーキサポートが採用される見込みである。

>>どうなる新型N-BOX!? 超ヒット作ゆえ絶対に失敗できない3代目N-BOX、2022年末にもフルモデルチェンジか

新型アルトワークスは車重をキープし、先進装備を充実!? 価格は10万円アップか!?

そして今回の本題であるアルトワークスである。現行モデルと同様にマニュアル仕様は当然として、ベースのアルト同様にマイルドハイブリッドを搭載する可能性が高い。

現行アルトワークスの車重は670kgと驚異的に軽いボディーが魅力であるが、新型モデルは車体本体は軽量化されるにせよ、先進安全装備の充実により車重は現行モデルと同等となる見込みである。

最大の関心事である価格であるが、今のところ編集部としては確固たる情報を得ていない状態である。先に挙げた情報から考えるに、価格が上昇するとしても現行モデル+10万円程度に抑えてほしいところだ。具体的には、現行アルトワークスが約154万円〜のため160万円スタートといったイメージだろうか。

>>軽自動車の量販EVが2022年にも発売へ! 日産・三菱の新型電気自動車「IMk(アイエムケイ)」は実質200万円以下の低価格を実現か

ホンダ S660なき今、新型アルトワークスに期待大

未だ新型アルトワークスの販売時期、もっといえばベースモデルのアルトのフルモデルチェンジ情報も具体的に出ていない状況である。

だが、その一方で現行モデルが販売から6年目を迎えていることから、まもなく新型モデルが登場するのではないだろうか? ホンダ S660が姿を軽した今、新型アルトワークスに期待が高まるばかりである。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

スズキ/アルトワークス
スズキ アルトワークスカタログを見る
新車価格:
122.1万円133.8万円
中古価格:
18万円162.4万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... みやこわすれの宿 こおろぎ楼

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ アルトワークスの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ アルトワークスのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ アルトワークスの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ アルトワークスの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ アルトワークスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる