autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】スバル レヴォーグ ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

試乗レポート 2014/5/19 12:12

【試乗】スバル レヴォーグ ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

【試乗】スバル レヴォーグ ~岡崎五朗のクルマでいきたい(ahead)~

日本のために開発された大きすぎないプレミアムワゴン

ビジネスのグローバル化が進むにつれ、自動車メーカーには各マーケットのニーズに沿った商品の開発が求められるようになった。なかでも日本メーカーが頭を悩ませているのが北米市場と自国市場のニーズの違い。北米市場ではちょうどいいサイズが日本では大きすぎると敬遠されてしまうのだ。

現行レガシィはボディを大型化することで北米で大ヒットを記録。スバルのビジネスに大きく貢献した。

スバル レヴォーグ

次世代モデルの開発も北米重視になるのは当然の成り行きだ。

事実、次期レガシィは現行モデルよりさらに大きくなる。全幅はおそらく1900㎜程度になるだろう。おまけに北米ではほとんど需要のないステーションワゴンも廃止されセダンとアウトバックの2種類のみとなる。

そこで問題になるのが日本での次期レガシィだ。大きなボディにワゴンもなしでははっきり言って勝機はない。そこでスバルは日本専用モデルの開発という思い切った行動に出た。その結果登場したのがレヴォーグだ。

スバル レヴォーグ
スバル レヴォーグ

レヴォーグのボディサイズは全長4690㎜、全幅1780㎜。全幅は5ナンバーサイズを超えたが、これは「外観にプレミアム感や存在感を与えるため(開発者)」とのこと。ひと昔前ならともかく、現在は各社とも1800㎜以下が日本でストレスなく扱えるひとつの基準だと捉えているようだ。

ボディサイズは小さいが、価格はもっとも安いグレードでも267~356万円と決して安くない。スバルが狙ったのは、扱いやすいサイズのプレミアムなワゴンである。

となると気になるのはクルマとしての出来映えがプレミアムかどうか。発売前だったのでテストコースのみでの試乗だが、ボディ剛性やインテリアの質感は現行レガシィ以上。

2リッターターボはとんでもなく俊足で、1.6リッターでも十分スポーティーに走る。 エクステリアデザインがちょっと保守的なのが気になる部分だが、価格相応の実力は間違いなくある。

スバル レヴォーグ

国内ニーズに応えるために開発されたレヴォーグ。現行レガシィ・ツーリングワゴンの後継モデルとして、日本の交通環境に適したボディサイズを叶えた一方で、室内幅は拡大し後席の足回りのスペースも確保、荷室は同等の面積を実現した。 パワートレーンは、新開発の水平対向4気筒DOHC1.6リッター直噴ターボ「FB16」エンジンと、水平対向4 気筒DOHC2.0リッター直噴ターボ「FA20」エンジンをラインアップ。また、1.6GT 除く全モデルに最新アイサイト(ver.3)が搭載されている。

スバル レヴォーグ 1.6GT Eyesight 主要諸元

車両本体価格:¥2,775,600(税込) / 全長× 全幅× 全高(㎜):4,690×1,780×1,485 / 車両重量:1,530kg / 定員:5 人 / エンジン:水平対向4 気筒1.6リッターDOHC16 バルブデュアルAVCS 直噴ターボ“DIT” / 総排気量:1,599cc / 最高出力:125kW(170ps)/4,800~5,600rpm / 最大トルク:250Nm(25.5kgm)/1,800~4,800rpm / JC08 モード燃費:17.4km/L / 駆動方式:AWD(4 輪駆動)

スバル レヴォーグ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レヴォーグ の関連記事

スバル レヴォーグの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レヴォーグ の関連記事をもっと見る

スバル レヴォーグ の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28