autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート スバル レガシィ 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/5/18 19:49

スバル レガシィ 試乗レポート(3/3)

スバル レガシィ 試乗レポート

動作がとても滑らかなクルーズコントロール

つづいて周回路で、郊外~渋滞路で先行車についていくシーンを模したパターンで全車速追従機能付クルーズコントロールを試す。

設定するための操作は従来と同じで、設定した速度を上限に先行車に追従する。先行車が減速すると、それにあわせて自車も減速するのはこれまでと同じだが、先行車が停止すると、自車もまったくノーブレーキでも自動ブレーキで停止する。停止してから2秒間ブレーキが保持される。

そして、先行車が再発進すると自車も自動的についていく、というわけではない。これの自動化も技術としては十分可能なのだが、そこはあえてやっていないのだ。

全車速追従機能付クルーズコントロールは、あくまで「自動運転」ではなく「運転支援」のためのシステムであり、ドライバーのワンアクションが必要となり、今回、「RESUME」ボタンを押すことに加え、アクセルペダルを踏むことでも同様にRESUME状態となるという、新たな機能が加わった。

足の操作だけで追従走行できるので、より使い勝手が向上している。

渋滞など停止状態がしばらく続くシチュエーションでは、ブレーキペダルを踏まずとも、VDCにより液圧を保持(2分経過後は電動パーキングが作動)し、停止状態を維持してくれる。

ONの状態では、先行車が発進しても自車が発進しないと警報音が鳴る。先行車との間に別の車両が割り込むというシチュエーションを試すと、アイサイトがその車両を的確に捉え、追従する対象を即座に変更し、なめらかに減速する。

感心させられたのが、発進、加速、停止という一連の走り方がとても滑らかなことだ。開発陣によると、従来よりもさらに滑らかになるよう、相当に努力を重ねたとのことだった。

また、ウインカーを出さない状態で両側の白線をまたぎそうになったり、フラついたりすると、アイサイトがその状況を蛇行に対しても警報音が発せられる。

減速については、先行車との車間距離が短かいとか、先行車の減速度が大きかったり、自車の乗員が多くったりすると、アイサイトが前のクルマとの車間距離や減速度から、ブレーキを踏んだほうがいいと判断したときは、警報音でそれを知らせるという機能もある。

驚いたのが自動で止まる瞬間で、それまでは強くブレーキをかけていたのに、停止の瞬間にはちゃんとブレーキ圧をスッと抜いて、カックンとならないように制御しているのだ。

その後はブレーキ状態を保持するので、圧をかけっぱなしのほうが機械の制御としてはラクなはずだが、いったん液圧を抜いて不快感を与えないようにするという凝ったことをやって乗員の快適性を高めているわけだ。

レガシィ アウトバックレガシィ アウトバック

ちなみに、ルームミラー後方のカメラまわりカバーの形状は、4世代目と5世代目の間で変わっている。

従来はもっとカクカクしていて、視野に入ってきたのだが、ずいぶんコンパクトになり、スッキリした感じ。ただし、アイサイトを選ぶとトリムの設定の違いによりサンルーフが選べなくなるのは、現時点では従来と同じ。

しかし、技術的には問題なく可能であり、要望もあるので、将来的には併せて選べるようになる見込みのようだ。

というわけで、登場から1年で早くも商品性を大きく高めてきたレガシィ。

エコカー減税や車種体系、装備の見直しもありがたいが、今回の最大のポイントというと、やはりアイサイトだろう。こうした安全性を高め、ドライバーの負担を軽減するなどにおいて、確実な効果を得られるアイテムが、低価格で選べ、機能の充実が図られたことを大いに歓迎したいと思う。

アイサイトの効果・恩恵をより多くの人に知ってもらい、普及の速度が増すことにぜひ期待したい。

スバル レガシィツーリングワゴン 関連ページ

スバル レガシィB4 関連ページ

スバル レガシィアウトバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事

スバル レガシィツーリングワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル レガシィツーリングワゴン の関連記事をもっと見る

スバル レガシィツーリングワゴン の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/20~2017/7/20