メルセデス・ベンツ  &  ホンダ ハンガリー/ドイツの連戦で対決ムードはさらに加熱

記事・レポート 特集 自動車評論家コラム ハンガリー/ドイツの連戦で対決ムードはさらに加熱

F1、セナ・プロスト時代を彷彿?激しいメルセデス同門対決に接触禁止令!? (3/3)

この記事に登場する車:

Text :
Photo:
メルセデス・ベンツ/本田技研工業/ルノー
ハンガリー/ドイツの連戦で対決ムードはさらに加熱

ハンガリー/ドイツの連戦で対決ムードはさらに加熱

F1は、今週末の第11戦ハンガリーGPとその翌週の第12戦ドイツGPが終わると約1ヶ月の夏休みに入るが、その2戦がタイトル争いに重要なカギを握る可能性がある。どちらも比較的低速でトリッキーなコースだからだ。

同じマシンなら差が出にくく、ハミルトンとロズベルグが接近したドラマチックな展開になる可能性が大きい。そして、終盤戦を有利に進めるために、夏休みを気分よく過ごしたい。その意味でハンガリー/ドイツの連戦は、二人の対決ムードをますます加熱させている。

ルイス・ハミルトンは、イギリスのさほど裕福ではない家庭で生まれたが、カート時代にマクラーレンのロン・デニス代表に才能を見込まれてマクラーレン・アカデミーのサポートを受けた。初めて会ったデニス代表に9歳のルイス少年は「ボクはあなたのチームのクルマでワールドチャンピオンになります」と言ったという逸話がある。

一方のニコ・ロズベルグは、フィンランド人の1982年にウィリアムズでF1ワールドチャンピオンになったケケ・ロズベルグの息子としてドイツで生まれてモナコで育った。“育ち”は圧倒的にロズベルグが上だ。

メルセデスの同門対決とともにホンダF1も注目

幼年期に黒人であることで差別も受けたハミルトンは、むしろその境遇がパワーを与え、3度ワールドチャンピオンの原動力になったとも言える。そのハミルトンに対して、ロズベルグはチャンピオン経年しグぁナp"> 7"p"> 7"p"> 7"p"> 7"p"> 7"ya"abe e/loupe.pn論家dd>ッ 2/7/19 <グぁナp" >幼年期に黒人であることで差僫トンは、むしろその境遇がパワーを与え、3度ワールドチャンピオンの原動劁加熱 | F1> NEW"スF1チn 7"ya"tx-4 7月10日てぁーー <つiv> 日-only.gpeciル ew_artip/imろ-1 -v-st