日産 スカイラインクロスオーバー  &  フェアレディZロードスター  &  フーガ 2009年 下半期ベスト・バイ・カー/西川淳

記事・レポート 特集 特集-その他 2009年 下半期ベスト・バイ・カー/西川淳

2009年 下半期ベスト・バイ・カー/西川淳 (1/2)

2009年 下半期ベスト・バイ・カー/西川淳

【国産車編】トータルベストカー/日産 スカイラインクロスオーバー

トヨタマークXもけっこう良かったんですが、デザインがなぁ。SUVスタイルのクルマをベストチョイスに選ぶのもちょっと気が引けるのですが、サイズも頃合いだし、なかなか見所のある内外装デザインという点を評価して、次世代サルーン・オルタナティブの最右翼という期待もこめてスカイラインクロスオーバーを選んでみました。

走りの質感に関していえば、スカイライン系の中でもベストだと思います。乗り心地もいいですし。できればサマータイヤバージョンのタイプS仕様があれば嬉しかったけど、そうなるとまた乗り心地がガッタガタになるんでしょうか。

買う寸前まで考えたクルマでもあります。スカイラインセダンを下取りで・・・。

【国産車編】ベストハンドリングカー/日産 フェアレディZロードスター

下半期ではシビックタイプRユーロやインプレッサWRX スペックC、それにオーリスRSあたりが気になったが、気持ち良さという点でやはりFRのフェアレディZロードスターにはいずれも及ばなかった。

ただでさえ乗って楽しいFRスポーツカー、それがオープンになるのだから、スポーティに走らせて気分が高まらない訳がないってことです。

ロードスタータイプはスポーツカーの基本。風を感じながらハンドルをまわすことの快感は、永遠に変わらないと思いますね。ある程度リーズナブルで、乗って楽しい本格派のFRオープンスポーツなんて、もう日本のマツダ ロードスターと日産 フェアレディZくらいしかありませんし。

【国産車編】ベストデザインカー/日産 フーガ

旧型の主張は何だったの?と思わず言いたくなるほど、新型フーガのデザインは吹っ切れましたね。現行スカイラインで既にその兆候はあって、スカイラインクロスオーバーでそれが顕著になり、そしてフーガに至った。

FRを強調する、いわゆるロングノーズ/ショートデッキ風。ノーズはできるだけ低く処理をして、しかもワイドトレッド。スポーツカーのようなフロントフェンダーラインから、がっつり力を溜め込んだ後脚のようなリアフェンダーへと“力強さ”が流れていく。

惜しむらくは、平凡なグリルと平凡なリアコンビランプ。そこに個性があればもっと良かったけど。インテリアも、でかすぎるメーター以外はとても印象的。銀粉があるなら金粉も欲しいな。

  1. Page1 2009年 下半期ベスト・バイ・カー/西川淳
  2. Page2 2009年 下半期ベスト・バイ・カー 輸入車編