autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 セレナ ライダー パフォーマンススペック by AUTECH 試乗レポート/渡辺 陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2011/10/31 18:30

日産 セレナ ライダー パフォーマンススペック by AUTECH 試乗レポート/渡辺 陽一郎(2/3)

関連: 日産 セレナ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
日産 セレナ ライダー パフォーマンススペック by AUTECH 試乗レポート/渡辺 陽一郎

"パフォーマンススペック"と言っても、過剰な過激さはない

日産 セレナ ライダー パフォーマンススペック
日産 セレナ ライダー パフォーマンススペック インパネ周り日産 セレナ ライダー パフォーマンススペック インテリア

注目したいのは、過剰なセッティングに陥っていないこと。パフォーマンススペックだからといって、キビキビ感が強すぎることはなく、後輪の踏ん張り感もベース車と同等かそれ以上。同乗者が左右に振られる度合いも小さい。

改善の余地があるとすれば乗り心地だろう。先代セレナのパフォーマンススペックに比べると快適性は大幅に向上したが、街中を時速50km以下で走っている時、コツコツとした硬さを感じる。もう少しサスペンションが柔軟に伸縮すると良い。

この乗り心地は、ベース車の素性によるところも大きい。プラットフォームは先代型と共通。現行型になってボディ剛性は向上したが、先代型の特徴も残り、乗り心地はいま一歩という印象だ。

それでも高速道路を使った長距離移動の機会が多いユーザーには、選ぶメリットがあるだろう。速度が上昇すると乗り心地の硬さが緩和され、コーナリングや路面のうねりを通過した時のボディの揺れは、ベース車よりも早期に収まる。ボディを水平に保つ性格を強めたから、高速道路ではドライバーだけでなく同乗者も快適。クルマ酔いを抑える効果も期待できそうだ。

下回り強化に加え、車体のねじれまで制御して挙動変化を抑えるこだわりぶり

日産 セレナ ライダー パフォーマンススペック 17インチアルミホイール+ヨコハマ アドバン スポーツ[205/50ZR17]
日産 セレナ ライダー パフォーマンススペック 分かりづらいが、白いバッジが付く黒いバーがヤマハ製のパフォーマンスダンパーだ日産 セレナ ライダー パフォーマンススペック 車体後部側から下回りを覗く。黒い横棒がボディの下回り補強用。

このスポーティかつ快適な運転感覚を実現するために、セレナ ライダー パフォーマンススペックではショックアブソーバーやスプリングといった足まわりのパーツを変更。ボディにもチューニングを施した。ボディの下まわりを見ると、フロント側には進行方向に対して直角にフロントクロスバーを装着。ボディのリヤ側にも、四角形のクロスバーが付く。

またフロントサスペンションの後部には、ヤマハ製のパフォーマンスダンパーを採用。足まわりに備わるダンパー(ショックアブソーバー)と同様の機能を、ボディのねじれをコントロールするために活用している。

走行安定性を向上するにはボディ剛性を高めるのが一般的だが、強固になれば乗り心地が硬くなったり、挙動の変化が唐突になりやすい。そこでボディ全体をスプリングに見立ててダンパーを与えることで、ねじれを止めるのではなく、制御することにより挙動の変化を穏やかにしている。

タイヤはベース車が15インチと16インチを用意するのに対し、パフォーマンススペックはヨコハマアドバンスポーツの17インチ(205/50ZR17)を履く。タイヤの性能向上が果たす役割も大きい。

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/19~2017/9/19