autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 ジューク 試乗レポート/小沢コージ 2ページ目

試乗レポート 2010/7/2 16:37

日産 ジューク 試乗レポート/小沢コージ(2/3)

関連: 日産 ジューク Text: 小沢 コージ Photo: 原田淳/オートックワン編集部
日産 ジューク 試乗レポート/小沢コージ

デザイン画から飛び出したようなエクステリア

日産 ジューク
日産 ジューク日産 ジューク

ジュークの最大のポイントは、やはり「デザイン」だろう。

既にモーターショーで発表済みの日産 カザーナの実車版ではあるが、ホントにSUVを目指してるのか、スポーツカーを目指してるのかがよく分からない。

それは特にフロント回りに現れていて、パッと見た限りでは、ボンネット上にヘッドライトを配したポルシェ カイエンのようなスポーツSUVデザイン。

しかし、よく見るとグリル横の大きなフォグランプのような部分にヘッドライトが備わり、その下のアンダーガード部分に小さく本当のフォグランプが付いている。

なにより驚くのが、そのマッチョな前後フェンダーが筋骨隆々の男性のように左右に盛り上がっており、その中には16インチホイール(標準)と大径タイヤが備わる。その一部分だけを見ても、このクルマがデザイン画から飛び出したようなカタチであることがわかる。

なぜなら、カッコいいカーデザインのセオリーは、常にタイヤを大きくキャビンを小さく、だからだ。

女性を描く時に、胸とお尻を大きく、腰を細く描けばセクシーに見えるようなもので、ジュークはまさにそのセオリー通りになっているからだ。

「リアシート以外は」十分な広さの室内空間

日産 ジューク

室内は、ことのほか実用的だ。ボディのベースとなったのは、FFコンパクトカーであるキューブやティーダと同じB型プラットフォーム。

だが、そんなことは微塵も感じさせない立派な出来映えで、運転席に座るとシートは大柄、身長176センチの私が乗っても十分な広さをもち、床も高めで立派にSUVしている。視界も良好だ。

ところが、リアシートに乗ると露骨にコンパクトカーベースであることがわかり、例えば外のドアノブは、アルファロメオの一部FFモデルのようにリアの窓枠内にインテグレートされており、オシャレ優先。

また、私が前に座ったポジションで後ろにしっかり座ると、ヒザはギリギリ前に付かないが、頭は天井に付いてしまう。シート座面も短めで、正直、実用的に使うのはギリギリかもしれない。

だが、ラゲッジはコンパクトカーとしては十分な容量。見た目も使い勝手も、19歳の男子が仲間とワイワイ使うには十分なんじゃないでしょうか。って別にオジサンが使ってもOKなんですけどね。

日産 ジューク日産 ジューク日産 ジューク日産 ジューク日産 ジューク

日産 ジューク 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ジューク の関連記事

日産 ジュークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ジューク の関連記事をもっと見る

日産 ジューク の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20