autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ミニ、「ミニ・クロスオーバー」を来年春に日本導入

自動車ニュース 2010/4/15 15:02

ミニ、「ミニ・クロスオーバー」を来年春に日本導入

関連: ミニ
MINI Crossover

BMWは、MINIのラインナップに加わる4番目のモデルの日本市場における独自のモデル名と日本市場導入時期を発表した。MINIとしては初めて四輪駆動システムがオプションで搭載可能で、さらに初めて4枚のドアを採用したこのモデルは、その独特なキャラクターをより強調するため、日本市場においては「MINI Crossover( ミニ・クロスオーバー )」というモデル名を採用し、来年の春ごろ市場導入する予定である。尚、日本市場に導入されるモデル・バリエーション、価格や仕様は未定である。

MINI Crossover について

MINI(ハッチバック)、MINI Convertible(ミニ・コンバーチブル)、MINI Clubman(ミニ・クラブマン)に続いて、MINIファミリーに加わる4番目のモデルであるMINI Crossoverは、MINIとして初めて4枚のドアを採用したモデルで、空間をさまざまな用途に活用できる自由度に優れたモデルである。また、シート・ポジションをMINIのハッチバック・モデルよりも高い位置に設定したことで、走行上の安心感も向上している。さらに、MINI Cooper S CrossoverにはMINIとして初めて四輪駆動システム「MINI ALL4」がオプションとして設定され、本物の走りを求めるドライバーにとってもさらに魅力的なモデルである。

また、MINI Crossoverは、室内にもMINIブランドならではの空間が広がり、随所に革新的なデザインや機能性が盛り込まれている。従来のセンター・コンソールに代わって、前席から後席にかけて室内を前後に伸びる「MINIセンター・レール」は世界にも例のない装備品であり、小物入れやカップ・ホルダー、外部オーディオ機器、携帯電話を始めとしたあらゆる快適装備品を自由に組み込むための新たな可能性を切り開くものである。これらは好きな位置に固定できるはめ込み式エレメントが装備されており、小物入れにはドライバーと助手席の乗員が小物入れ内部の仕切りを必要に応じて設定できるため、さまざまな用品や道具類をすぐに手の届く場所に収めておくことができる。またこのセンター・レールは、デザインと機能性の両面で前席と後席をつなぐ画期的な役割も果たすものである。

·MINI Crossoverには、4つのシートが標準装備され、オプションとして後席には3人掛けのシート・ベンチが用意される。フット・スペース、ヘッド・クリアランス、ショルダー・スペースを広く設計した室内は、長距離ドライブでも快適に過ごすことができ、リア・シートは、それぞれ前後位置とバックレストの角度を個別に調節することができる。シート・ベンチの場合も60:40の比率で前後位置を、また40:20:40の割合でバックレストの角度を個別に調節でき、バックレストを完全に折り畳むと、ラゲッジ・コンパートメント容量は通常の350リッターから1,170リッターに広げることが可能である。

*ドイツ国内市場向け(2010年2月現在)の仕様を基準として記載されており、日本市場においては仕様、標準装備品、オプション設定などが異なる場合もあります。なお、仕様は随時変更される可能性がありますので予めご了承ください。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ の関連記事

ミニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ の関連記事をもっと見る

ミニ の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25