autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スズキ、新型スペーシアがマイルドハイブリッド搭載で30.0km/Lの低燃費を実現

自動車ニュース 2017/12/14 10:30

スズキ、新型スペーシアがマイルドハイブリッド搭載で30.0km/Lの低燃費を実現

スズキ 新型スペーシア
スズキ 新型スペーシアスズキ 新型スペーシアスズキ 新型スペーシアスズキ 新型スペーシア画像ギャラリーはこちら

安全装備が充実したスズキ 新型スペーシア

スズキは、ハイトワゴンタイプの軽乗用車、新型スペーシア/スペーシアカスタムをフルモデルチェンジし、2017年12月14日より発売する。

価格(消費税込)は、スペーシアが133万3800円から158万9760円、スペーシアカスタムが157万6800円から190万8360円となる。

>>スズキ 新型スペーシア/スペーシアカスタムの画像はこちら

スズキ 新型スペーシア
スズキ 新型スペーシア/スペーシアカスタム

新型スペーシア/スペーシアカスタムは、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」(デュアルセンサーブレーキサポート/後退時ブレーキサポート/後方誤発進抑制機能/誤発進抑制機能/車線逸脱警報機能/ふらつき警報機能/先行車発進お知らせ機能/ハイビームアシスト/標識認識機能/ヘッドアップディスプレイ/全方位モニター用カメラ)を採用し、安全装備を充実させた。

衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」に加え、軽自動車で初めて後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を採用するなど、前後の衝突被害軽減ブレーキを全車標準装備※した。

※衝突被害軽減ブレーキ非装着車を選択することも可能

さらに、フロントガラスに進入禁止の道路標識や車両情報などをカラー表示するヘッドアップディスプレイや周囲を立体的に360°確認できる3Dビューを軽自動車で初採用するなど、安全運転を支援する機能を充実させた。

なお、新型スペーシア/スペーシア カスタムは、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当する。

マイルドハイブリッドを全車搭載で30.0km/Lの低燃費を実現

スズキ 新型スペーシアカスタム
スズキ 新型スペーシアカスタム

新型スペーシア/スペーシアカスタムは、ISG(モーター機能付発電機)の高出力化とリチウムイオンバッテリーを大容量化したマイルドハイブリッドを全車に搭載。最長10秒間のモーターによるクリープ走行を可能とするとともに、幅広い速度域でエンジンをモーターがアシストすることで、30.0km/L(JC08モード)の低燃費を達成した。

新機能となるパワーモードは、エンジンとCVTの制御に加えて、ISGによるモーターアシストをトルクアップさせることで、坂道や高道路での合流などで力強い加速でスムーズに走行ができる。

また、軽量で高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」と、燃費性能と力強い走りを実現しながら約5kgの軽量化を達成した新CVTを採用。さらに、超高張力鋼板の使用範囲を拡大するとともに、プラットフォームやボディ、足まわりなど車両全体で軽量化を実施し、ボディサイズが拡大したにも関わらず、軽ハイトワゴン最軽量の車両重量850kgを実現した。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ スペーシア の関連記事

スズキ スペーシアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ スペーシア の関連記事をもっと見る

スズキ スペーシア の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/12/22~2018/1/22