autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren 570GT」日本初披露

自動車ニュース 2016/8/5 23:35

【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren 570GT」日本初披露

ラグジュアリーで高い実用性と快適性を与えたグランドツーリングモデル

【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開

マクラーレンは今春のジュネーブモーターショーでお披露目された、現行モデルの中でもっともラグジュアリーなグランドツアラー「McLaren 570GT」を、2016年8月5日から7日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「オートモビル カウンシル 2016」で公開した。

McLaren 570GTは最新の570Sをベースにし、その高いパフォーマンスはそのままに、ラグジュアリーで高い実用性と快適性を与えた、その名が示す通りのグランドツーリングモデルだ。

フロントに他のモデルでも用意されている150リットルのラゲッジスペースはそのままに、キャビン後方に220リットルのラゲッジスペースが設けられている。そのラゲッジスペースへのアクセスを可能にするのは大きなグラスハッチゲート。さらにハッチゲートと連なるように大きなパノラミックガラスルーフが外観上でも大きな特徴となる。

>>[画像40枚超]「McLaren 570GT」Photoギャラリー

日本市場は「情熱的なファンのいるマーケット」

【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開
【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開

また、外観上の違いにとどまらず、長距離ドライブを快適なものにするために、専用のスプリングレートをもつ足回りが与えられるほか、専用設計のピレリPZEROは静粛性に多き貢献しているという。またクーペではオプション扱いとなる、8スピーカーのマクラーレン・オーディオ・プラスも標準装備となるなど、GTだけの特別装備は多岐にわたる。日常使用も十分可能な570GT。マクラーレン史上最も洗練されたオンロード志向の高いモデルとなっており、マクラーレンらしさを残しつつ、使いやすさと快適性にフォーカスをあてたモデルだ。

マクラーレンのアジア・パシフィックを統括するマネージング・ディレクター、ジョージ・ビッグス氏はプレスカンファレンスの中で、日本市場のことを「情熱的なファンのいるマーケット」と評した。そのマーケットにシリーズで3番目のラインナップとなり、今までのモデルとは全く異なる、洗練された、旅をするためのグランドツアラーとして投入された570GT。

【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開

新たな「GT」文化の創造に挑むマクラーレン

【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開
【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開

マクラーレンにとっては幻のロードゴーイングカーM6GT以来の「GT」を名乗るモデル。そして日本市場においても新しい価値観を持つモデルとして、新たなファンを獲得することだろう。そしてマクラーレンにとって、日本市場に今までにないキャラクターのモデルを投入すること自体、ある種の「挑戦」に他ならない。

一方「日本に自動車文化を根付かせたい」という思いから幕開けした「オートモービルカウンシル」。根付かせたいと言って容易に根付く自動車文化なら造作ない話だ。自動車文化が根付くまでには長い時間と、多くの共感なくしてはありえないことだろう。その意味ではこのイベントの幕開け自体が大きなチャレンジのスタートラインに立ったといってよいのではないだろうか。

その意味では、マクラーレン570GTを発表する場として、オートモビル カウンシルほどふさわしい場もないのではないか、そう思わずにはいられないのである。

[Text:ダブルクラッチ/Photo:小林岳夫・McLaren]

【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開

「McLaren 570GT」主要諸元

【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開
【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開

全長x全幅x全高:4530x2095x1201mm/ホイールベース:2670mm/車両重量:1350kg/前後重量配分:42/58/エンジン種類:V型8気筒 ツインターボガソリンエンジン/総排気量:3799cc/最高出力:570ps(562bph)/7500rpm/最大トルク:600Nm(433lb ft)/5000-6500rpm/トランスミッション:7速デュアルクラッチ式シームレス・シフトギアボックス(SSG)/0-100km/h加速:3.4秒/0-200km/h加速:9.8秒/0-400m加速:11.1秒(213km/h)/最高速度:328km/h/パワーウェイトレシオ:422ps/tonne/車両本体価格:27,527,000円~[消費税込]

※データは欧州値

【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開
【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開
【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開【オートモビル カウンシル 2016】最もラグジュアリーなマクラーレン「McLaren(マクラーレン) 570GT」日本初公開
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マクラーレン の関連記事

マクラーレンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マクラーレン の関連記事をもっと見る

マクラーレン の関連ニュース

マクラーレン 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20