autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 【新型ソリオはここが違う!】燃費&室内空間編

自動車ニュース 2015/8/26 16:48

【新型ソリオはここが違う!】燃費&室内空間編

スズキ 新型ソリオ
スズキ 新型ソリオ
スズキ 新型ソリオスズキ 新型ソリオ

8月26日より販売開始となったスズキ新型「ソリオ/ソリオ バンディット」。

マイルドハイブリッドの搭載により、クラストップ(※1)の低燃費27.8km/L(※2)と力強い走りを実現した。これにより全モデルにおいてエコカー減税を達成するなど、その進化には目を見張るものがある。だが、同車の進化は燃費性能だけには留まらない。

※1:クラス=コンパクトハイトワゴン(総排気量1.5L以下・全高1,550mm以上の2列座席5ドアワゴン)。2015年8月現在、スズキ調べ。

※2:燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値):HYBRID MX・HYBRID MZ・バンディット HYBRID MVの2WD車。

ボディサイズはそのままでさらに広くなった!

新型ソリオは新開発のプラットフォームを採用することで、もともとボディサイズの割にかなり広かった室内空間をさらに拡大。

結果として室内長2,515mm、室内高も1,360mmというクラストップの広さを手に入れるに至った。また前後乗員間距離も1,080mmと、画像で見ての通りかなり余裕がある。さらに前席と後席間の移動が可能なセンターウォークスルーを採用するなど、車内の空間を徹底的に効率よく利用する工夫が数多くなされている。

ここまで室内が広いと、必然的にホイールベース(前後の車軸間の間隔)が長くなってしまい、結果として小回りが悪くなってしまいそうなものだが、その心配はない。最小回転半径は4.8mと、狭い街なかでも扱いやすい優秀な数値を実現している。

マイナス100kgの軽量化で低燃費に貢献

27.8km/Lという低燃費を実現できた理由は、マイルドハイブリッド搭載や新開発のデュアルジェットエンジンだけではない。前述の通り軽量・高剛性を実現した新開発プラットフォームを採用したことに加え、ボディ全体の約51%で高張力鋼板を採用することで、全体で100kgの軽量化を達成するに至った。

なお販売価格などの詳細は下記の関連記事・試乗レポートも合わせてチェックしていただきたい。

◎関連記事

【ニュース】ついにハイブリッドで登場だ!スズキ新型「ソリオ/ソリオ バンディット」を発売

【試乗レポート】マイルドハイブリッド搭載でクラストップの燃費へ「スズキ ソリオハイブリッド」[詳細解説]

スズキ ソリオ/ソリオバンディット/安枝瞳の診察しちゃうぞ!

スズキ ソリオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ソリオ の関連記事

スズキ ソリオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ソリオ の関連記事をもっと見る

スズキ ソリオ の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/22~2017/10/22