autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート トヨタ マークX 500km実燃費レビュー【vol.3 200-300km】

燃費レポート 2010/2/1 18:35

トヨタ マークX 500km実燃費レビュー【vol.3 200-300km】(1/2)

関連: トヨタ マークX Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
トヨタ マークX 500km実燃費レビュー【vol.3 200-300km】

ホールド性が足りないマークXのシート

トヨタ マークX

伊豆半島の東側の海沿いを、ひたすら南下していく。

網代を出て、伊東、城ヶ崎を経て、熱川、稲取と進む。途中、伊東を出て、一碧湖の前後で、135号は少し内陸側を通る。アップダウンを伴った山道が続く。

ここで、マークXは、今までと違った様子を見せ始めた。右に左に続くカーブを進んでいくと、シートのサポートが乏しく、こちらの身体をまったく支えてくれないことがわかった。

本来ならば、座面が尻から太腿、膝裏に掛けてを受け止め、同時に背面は背中から肩を支えてくれなければならない。究極のシートはレーシングカーのそれだが、それでは乗り降りやリラックスできなくなってしまう。

トヨタ マークX

優れた乗用車のシートは、ホールド性と実用性を高い次元でバランスさせて設計されるものだが、マークXのシートにはホールド性が足りない。山道のように、クルマが右に左に、上に下にと動きながら走るところでは明らかに役不足なのだ。

クルマがどう動いても、身体はシートの中に収まって動かないように固定されていなければならない。しかし、マークXではそれがなされていないから、身体が振り回されてしまう。

振り回されないようにと、ドライバーは自分で自分の身体を支えなければならず、できることといったら肩と腕を緊張させてハンドルにしがみつくしか方法がない。これは、運転しにくい上に、とても疲れる。

シートの形状が平板な上に、中に詰め込まれているクッション材が貧弱だから、腰掛けて体重が掛かった分だけ沈み込んでしまう。

反発する力が弱いから、太腿と尻が運転を続けていくうちにシートフレームの間に落ち込んでいってしまうのだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ マークX の関連記事

トヨタ マークXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ マークX の関連記事をもっと見る

トヨタ マークX の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/15~2017/12/15