autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 日産 新型エクストレイルハイブリッド エコラン(燃費)レポート

燃費レポート 2015/9/11 13:08

日産 新型エクストレイルハイブリッド エコラン(燃費)レポート(1/4)

関連: 日産 エクストレイル Text: 永田 恵一 Photo: オートックワン編集部
日産 新型エクストレイルハイブリッド エコラン(燃費)レポート

日産 エクストレイルハイブリッドのエコラン大会へ参加!果たして実燃費は!?

日産 エクストレイルハイブリッド エコラン開始前の様子

8月末に自動車メディア28媒体プラス、エクストレイル開発チーム、日産広報チームの合計30チームが参加した「日産 エクストレイルハイブリッド」によるエコラン大会が開催されました。

オートックワンサイトの“燃費担当”である筆者にとっては大きなプレッシャーを感じながらも、やりがいもある任務でしたのでその模様をさっそくレポートしたいと思います。

さて、エコラン大会の詳細へと入る前に、今年4月に追加された日産 エクストレイルハイブリッドの概要をおさらいしておきましょう。

ミドルSUVのなかではトップクラスの燃費を誇るエクストレイルHV

日産 エクストレイルハイブリッド エンジンルーム [日産 エクストレイルハイブリッド エコラン]

エクストレイルハイブリッドは先代モデルに設定されていた2リッタークリーンディーゼルに代わるいわば「飛び道具を持ったエコカー」と呼べる存在で、日産の日本国内向けハイブリッドカーとしてはエンジンを積むFR系のフーガ、シーマ、スカイラインに続くモデルとなります。

3.5リッターハイブリッドの3台とは異なる2リッターNA直噴エンジン(147馬力、21.1kgm)を搭載するFFベースのハイブリッドとなるエクストレイルハイブリッドですが、基本的なハイブリッドシステムはFRと共通の1モーター2クラッチタイプの「インテリジェント デュアル クラッチ コントロール」と呼ばれるもので、CVTの中に41馬力のモーターが組み込まれており、コンパクトかつ充放電性能に優れる「リチウムイオンバッテリー」をラゲッジスペース床下に搭載しています。

また、リチウムイオンバッテリーを採用したおかげでガソリン車のエクストレイルでは売りの1つである「7人乗り3列シート」の設定こそ叶いませんでしたが、ガソリン車とほぼ変わらないラゲッジスペース容量を確保していることも大きな特徴です。

日産 エクストレイルハイブリッド ハイブリッドシステムイメージ

「インテリジェント デュアル クラッチ コントロール」はモーターのみでの発進、高速道路のペースまで含めたEV走行、モーターによるアシスト、モーターを発電機として使うことによるエンジンを使った充電、下り坂や減速時の回生による充電といった多彩な走行モードを持つほか、モーターのみで走行する際にクラッチによってエンジンとモーターを完全に切り離せるため、エンジンの抵抗なく純粋なEV走行をできるためEV走行距離を稼ぎやすいという武器も持っています。

結果、エンジンとモーターの出力をフルに発揮した際のシステム出力は2.5リッター級の「188馬力」、カタログに載るJC08モード燃費は最良値のFF車でガソリン車より約25%良化の「20.6km/L」(4WDは20.0km/L、選択したメーカーオプションによっては若干下がる場合もあり)というエクストレイルハイブリッドが属するミドルSUVの中ではトップクラスの燃費を誇ります。

価格もFFのハイブリッドで280万4,760円と、ガソリン車の約40万円高、エコカー減税が免税になることも踏まえた実質的な価格差は約32万円となりますから、燃費向上分や処分するときの下取り査定を含めた「長い目で見てガソリン車より安くつきそう」という商品力の高さも備えています。

実際、ユーザーもそういったところをよく見ているのか4月から7月までの4ヶ月で約2万1,000台(月平均約5,300台)販売されたエクストレイルのうち半分強がハイブリッドであるとのことです。

日産 エクストレイル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エクストレイル の関連記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20