autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 【燃費】マツダ デミオ XD [ディーゼル] 燃費レポート/永田恵一 4ページ目

燃費レポート 2015/2/20 18:31

【燃費】マツダ デミオ XD [ディーゼル] 燃費レポート/永田恵一(4/5)

【燃費】マツダ デミオ XD [ディーゼル] 燃費レポート/永田恵一

マツダ デミオディーゼル 燃費レポート/市街地編

ストップ&ゴーの多い市街地でデミオのガソリンとディーゼルをAT同士で乗り比べると、アイドリングストップから再始動する際のセルモーターの音がディーゼルの方が音量が小さく、音質も耳に心地いいことくらいしか大きな違いはない(後述する1点を除く。アイドドリングストップのタイプ、頻度、アイドリングストップする時間も同等)。

市街地の燃費は「19.7km/L」と郊外路と同様に絶対的には申し分ない数値ながら、ハイブリッドの2台には水をあけられた。

これは、ハイブリッドではEV走行ができる上にストップ&ゴーが多い市街地では回生制動の機会も増えてバッテリーに電力を戻しやすいというハイブリッドならではのメリットも大きいが、デミオディーゼルの燃費が伸びなかった要因として挙げられるのは、またしても「ATのシフトスケジュール」だ。

市街地で前述したように、トップギアの6速はもちろん5速に入る65km/hまでスピードが上がることも少なく、郊外路と同様にほぼ4速まででの走行となった。これは、ディーゼル+ATの弱点というよりも特性と考えた方がいいだろう。

また市街地区間では同じデミオにも関わらず、ディーゼルの方がなぜかガソリンよりも運転していてつまらなかったという意外な発見もあった。

理由を考えてみると頭に浮かんだのは2つだ。1つ目はデミオの1.5リッターディーゼルがマツダの2.2リッターディーゼルに比べれば当然なのだが低速トルクが細く、フィーリングも2.2リッターには冒頭で書いたシーケンシャルツインターボが切り替わるタイミングで感じるパンチがあるのに対し、デミオディーゼルは全体に素直で非常に扱いやすいトルクがフラットに盛り上がる性格であるため(もちろん、2.2リッターディーゼルが扱いにくいという訳ではない)、良し悪しは別にして個性を感じられなかったこと。

2つ目はガソリンのデミオなら前回レポートした通り市街地でも6速まで入るのでATでも5度のギアチェンジを体感できるのに対し、ディーゼルは1速から4速までで3度しか体感できないといったことが要因だったのではないかと思う。

【市街地における実燃費】

マツダ デミオ XDツーリング Lパッケージ(6速AT)/19.7km/L

トヨタ アクアS(初期モデル)/25.0km/L

ホンダ フィットハイブリッド Fパッケージ/26.0km/L

マツダ デミオ13S Lパッケージ(6速AT)/16.0km/L

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23