autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート マツダ 新型アクセラ15S(ガソリンモデル)燃費レポート/永田恵一 3ページ目

燃費レポート 2014/2/3 21:05

マツダ 新型アクセラ15S(ガソリンモデル)燃費レポート/永田恵一(3/5)

関連: マツダ アクセラ Text: 永田 恵一 Photo: 永田恵一/オートックワン編集部
マツダ 新型アクセラ15S(ガソリンモデル)燃費レポート/永田恵一

マツダ 新型アクセラ15S(ガソリンモデル)燃費レポート【郊外路編】

マツダ 新型アクセラ15S(ガソリンモデル) 実燃費テスト

新型アクセラ 15Sの郊外路は、新型アクセラらしい「運転する楽しさ」を、至って普通にドライブするスピード領域でも味わえる走行パターンであった。

具体的には、ハンドル操作に対する車の動きが軽快で(決してシャープではないが)、普通に走っているだけでも運転が楽しく感じられる。

ハンドル操作に対する車の動作に関しては、前回のレポートで書いたように「リアがドッシリとしているハイブリッド」と「軽快な15S」という明確な違いを確認できた。

コーナーでのロールの起き方や戻り方も、新型アクセラハイブリッドと同様にゆっくりとしたものであったが、新型アクセラ15Sは新型アクセラハイブリッドに対しステアリングフィールがさらに正確であることもあり、クルマの挙動のコントロールのしやすさ、楽しさは新型アクセラハイブリッドより一枚上手であった。

マツダ 新型アクセラ15S(ガソリンモデル)

エンジン、トランスミッションに関しては高速道路での印象と同じく、「余裕や速さは感じないが、全体的に好感が持てる」といったところ。上り坂では車重とパワーの関係もあり、シフトダウンもそれなりの頻度で起きるが、シフトダウンの際にはブリッピング機能(シフトダウン時の回転合わせ)が作動し気分を高揚させてくれる。

パワーがそれほどないだけに、アクセル開度が大きいことも「クルマを走らせている、動かしている」という気分的な楽しさがあることも新型アクセラ15Sの魅力の1つであった。

マツダ 新型アクセラ15S(ガソリンモデル) 実燃費テストマツダ 新型アクセラ15S(ガソリンモデル) 実燃費テスト

乗り心地に関しては、新型アクセラ15Sも新型アクセラハイブリッドと同じようにこのクラスのクルマとして及第点ではあるのだが、大きめのギャップを乗り越えた際などの突き上げが大きく、新型アクセラという話題の車に対する期待値には届いていなかったことは少し残念だった。

タイヤの空気圧は、新型アクセラ15Sも新型アクセラハイブリッドと同じく250kPaと高めの指定値となる。燃費との兼ね合いもあるが、空気圧を調整することで乗り心地は改善されるかもしれない。

郊外路での燃費は17.3km/Lと、新型アクセラ15Sが運転して楽しいクルマであることを考えれば申し分のない数値だった。

アクセラセダン15Sの郊外路の実燃費/17.3km/L

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/17~2017/12/17