autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート スバル XVハイブリッド 燃費レポート 4ページ目

燃費レポート 2013/10/11 12:05

スバル XVハイブリッド 燃費レポート(4/5)

関連: スバル インプレッサXV Text: 永田 恵一 Photo: 永田恵一
スバル XVハイブリッド 燃費レポート

スバル XVハイブリッド 燃費レポート【市街地編】

スバル XV ハイブリッド

ストップアンドゴーの多い市街地では、XVハイブリッドがハイブリッドであることのメリットをそれなりに感じられた。

具体的にはバッテリー残量が多いときのモーター発進、バッテリー残量が多いときに10km/hくらいまでスピードが落ちてから30km/hくらいまでスピードを上げる際の加速がモーターのみで出来る点、ノロノロ動く渋滞でモーターのみで走れる点、市街地の緩加速ならモーターのアシストがそれなりに感じられる点だ。

スバル XV ハイブリッドスバル XV ハイブリッド

しかし、ここで挙げたハイブリッドの恩恵を受けるには、大げさに言うと条件が限られてしまう。

というのは、モーター発進は25km/hくらいまで可能ではあるのだが、それはモーターの出力が少ない故にかなりゆっくりと発進した場合に限られる。そのため、モーター発進させようとゆっくりと発進するとまず後続車の反感を買ってしまうであろう実際の道路状況でそれは非常に難しく、実際の交通の流れに合わせるとすぐにエンジンが掛かってしまうケースが大半だった。

また、XVハイブリッドのエアコンは通常のエンジン駆動のエアコン(走行用バッテリー電力で駆動する電動タイプではない)が使用されていることもあり、猛暑のなかでエアコンを使っていると車内の快適性を維持するため、エンジンが止まらず、モーター発進の頻度だけでなく、アイドリングストップの頻度も激減し燃費も悪化してしまう。

スバル XV ハイブリッドスバル XV ハイブリッド

今回のテストでは前述したゲリラ豪雨の直後は気温が25℃程度まで下がり、エアコンの出番も一時的に少なくなり、EV走行の頻度も増えた。しかし、その後気温が30℃以上まで上がると、エアコンもフル回転となり通常のエンジン車に近い状況となってしまった。

上記の状況で記録した市街地路の燃費は「9.9km/L」であった。この数値には「状況は加味するにしても、ハイブリッドなのにこれしか走らないの?」と感じてしまう方もおられるだろう。市街地の燃費も、今回の状況下では通常のXVと大差ないのではないかと思う。

ちなみに、テスト終了後エアコンを切って混雑した東京都内を走ったところ、EV走行の頻度が劇的に増えることが確認できた。ということは“気候の良い時期の市街地走行”ならばそれなりの燃費が期待できそうではあるが、「我慢をしないと燃費が良くない」というのも考えものかもしれない。

 スバル XVハイブリッド 市街地路の実燃費/9.9km/L

スバル インプレッサXV 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スバル インプレッサXV の関連記事

スバル インプレッサXVの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル インプレッサXV の関連記事をもっと見る

スバル インプレッサXV の関連ニュース

スバル 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18