スバル XVハイブリッド 燃費レポート(1/5)

スバル XVハイブリッド 燃費レポート
スバル XV ハイブリッド スバル XV ハイブリッド スバル XV ハイブリッド スバル XV ハイブリッド スバル XV ハイブリッド スバル XV ハイブリッド スバル XV ハイブリッド スバル XV ハイブリッド スバル XV ハイブリッド スバル XV ハイブリッド スバル XV ハイブリッド 画像ギャラリーはこちら

スバル初のハイブリッドカーとして、現在販売好調のXVハイブリッドの実燃費をテスト!

スバル XV ハイブリッドスバル XV ハイブリッド

クロスオーバーSUV「スバル XVハイブリッド」は、今年6月に登場した“スバル初のハイブリッドカー”。

XVハイブリッドの前身となる「スバル XV」自体は2012年9月に既に登場しており、その位置付けはインプレッサベースのクロスオーバーだ。

インプレッサとの大まかな違いは、最低地上高が200mmまで上げられているほか樹脂製のオーバーフェンダーなどが追加されており、SUVとしてアウトドア志向が強められている。レガシィツーリングワゴンに対するアウトバックのような存在と思って頂ければ良いだろう。

そんなXVハイブリッドに搭載されているハイブリッドシステムには、CVTの中に10kW(13.6ps)のモーターが組み込まれている。モーターはアシスト的な役割が中心となるが、エンジンとモーターを組み込んだCVTを切り離すクラッチを備えており、モーターのみでの発進やEV走行も可能だ。

スバル XV ハイブリッド

システム的には現在、ホンダがCR-Zなどに搭載している「IMA」に近いものとなる。そして、駆動方式はもちろんスバル伝統の「フルタイムAWD」である。

バッテリーはニッケル水素で、ラゲッジルーム下に綺麗に配置されており、通常のXVと同等のラゲッジスペースが確保されていることは高く評価したい。

搭載エンジンは、通常のXVと同じ排気量の「2リッター水平対向4気筒」。XVハイブリッドのエンジンは、XVに対して数値的な違いは圧縮比が0.3高いくらいだが、実はエンジン内部で徹底的なフリクション低減などが施されており、ハイブリッド専用のエンジンとなっている。

その結果、XVハイブリッドの燃費は「20.0km/L」と、XVの「15.8km/L」から向上している。

スバル XV ハイブリッド

エコカー減税も、XV購入時の「取得税・重量税50%軽減」+翌年の「自動車税25%減税」に対し、XVハイブリッドは「取得税・重量税100%減税(免税)」+翌年の「自動車税50%減税」となっている。XVハイブリッドはXVに対して車両価格が31万5,000円高いのだが、前述のエコカー減税の恩恵により、購入時の差額は実質的に20万円強にまで縮まるのは嬉しい点だ。

今回のテストでは、最近のスバルでは大きな売りの一つとなっている「EyeSight(アイサイト)」を装備した「2.0i-Lアイサイト」(278万2,500円)を起用した。

テストは9月3日(火)の早朝から行った。当日の天候は最高気温が32℃まで上がる猛暑日で、途中ゲリラ豪雨にも見舞われた。

なお、走行モードは他車のノーマルモードに相当する「Iモード」を使用している。

燃費測定の基本ルール

スバル XV ハイブリッド

・燃費の測定は、車両に純正搭載されている車載燃費計を使用

・スピードは流れに乗ったごく一般的なペースで走行

・車両の状態もエアコンは快適に過ごせる温度(オートエアコンなら25度)に設定

・走行モードが選択できる場合にはノーマルモードを選んで走行

試乗ルート1「高速道路」

試乗ルート1「高速道路」

首都高速都心環状線芝公園ランプから首都高湾岸線を経由し、東京湾アクアラインから最近開通した圏央道の茂原長南インターに向かうというルート。

道路にアップダウンは少なく、流れは区間全体を通しおおよそ80km/h程度。道のりは約70km。

試乗ルート2「郊外路」

試乗ルート2「郊外路」

茂原長南インターを降り、国道409号線を西に進み、交差する国道297号線を北上し、東京湾に近い千葉県市原市内の国道16号線まで向かうルート。

道路にアップダウンは少なく信号があまりない上に走行中の流れも良く、好燃費が期待できる区間と言える。道のりは約30km。

試乗ルート3「市街地」

試乗ルート3「市街地」

千葉県市原市の国道16号線から国道357号線、途中から片側1車線になる国道14号線、都県境から蔵前橋通りを経由し、オートックワン編集部に戻るルート。スムースに流れることは少なく、渋滞路が多くを占める区間だ。

平均時速は15~18km/h程度で、イメージとしては混んだ東京都内の道に近い。道のりは約55km。

1 2 3 4 5 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルハーヴェスト那須

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スバル インプレッサXVの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル インプレッサXVのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル インプレッサXVの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル インプレッサXVの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル インプレッサXVのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる