autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 RVR ユーザー試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/5/20 21:15

三菱 RVR ユーザー試乗レポート(2/8)

関連: 三菱 RVR Text: 藤島 知子 Photo: 島村栄二
三菱 RVR ユーザー試乗レポート

RVRの記事を読んで以来、ずっと気になっています!(木下さん)

「ある雑誌を読んでいたとき、ある自動車ジャーナリストがRVRの試乗をして欲しいクルマだと語っていたのを目にして以来、すっかりRVRが気になっていた」というのは木下さん。

「ディーラーに試乗に行くと、セールスマンばかりに気をとられてしまって、落ち着いて試乗できないことがあります。その点、今回の試乗会は、いろいろと細かく自分のペースでチェックしながら試乗することができました。」とのこと。

藤島:木下さんは、現在はどんなクルマにお乗りなんですか?

木下さん:スズキのスイフトです。RVRはいつも乗っている車よりもアイポイントが高くて、見晴らしがいいですよね。ボディの下回りの見切りも気になりますが、アウトランダー譲りの大型サイドミラーの効果で、サイドの見切りは悪くない方だと思います。しかし、ミラーが大きいぶん、狭い道でのすれ違いで車幅の大きさを感じてしまう点が、少々心配ですね。

178万円から購入できるのは、まさにバリュープライス!

藤島:スイフトは欧州でも高い支持を受けているコンパクトカー。ハンドリングにも拘っているクルマですよね。そうしたクルマと比べて、RVRはいかがですか?

木下さん:普段から乗っているスイフトと比べても、RVRの操舵フィールは程よい手応えが得られていて、同等レベルの仕上がりだと思っています。1.8リッターエンジンのパワー感についても、環境や燃費を考えたら、4リッターとか5リッターという大排気量は必要だと思わないですし、実際に自分で購入することを考えたら、身の丈に合ったものが欲しいと思います。

藤島:インテリアや質感についてはいかがでしょうか?

木下さん:内装は全体的に質感が良く、安っぽさを感じさせませんね。1.8リッターでも十分な動力性能、質感のよさ、それに178万円から購入できるという価格帯を考えてみると、まさにバリュー・プライスといえる一台ではないでしょうか。

藤島知子の一口コメント

今回の取材でおもしろかったのが、1.8リッターエンジンのパワーを「スムーズに気持ちよく走れる」という人もいれば、「もっと排気量に余裕が欲しい」と受けとめるケースがみられたところ。

日常の足としての用途を期待する人の場合、エンジンが小排気量であることや、CVTがレスポンスを削ぐ要素として受けとめる人が少ないようです。

一方で、高速ドライブや通勤で利用する人のなかには、アクセルを踏み込んで、エンジン回転が上がったときのノイズが気になるといった意見や、さらにパワーを求める人も見受けられました。

●三菱RVRを試乗した方々の評価はコチラ→日本版コンシューマーレポート三菱RVR編

三菱 RVR 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 RVR の関連記事

三菱 RVRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 RVR の関連記事をもっと見る

三菱 RVR の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/24~2017/8/24