autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 三菱 トッポ 新型車解説 2ページ目

新型車解説 2008/9/17 13:13

三菱 トッポ 新型車解説(2/3)

関連: 三菱
三菱 トッポ 新型車解説

快適、安心、嬉しい、を凝縮した、使えるミニボックス

グローブボックス&アンダートレイ

まず、新型トッポの特徴は大きく3つ。1つ目は、先代譲りの広々室内空間。2つ目は、低重心からなる高い安定性と走行性能。3つ目は、女性に嬉しい安心装備の数々。などが挙げられる。まずここでは広いインテリアについてお伝えしていこう。

新型トッポのインテリアは、とにかく明るく広い。その秘密はこれでもかというくらいの大きな窓ガラスにある。自然とたくさんの光が差し込んでくる為、開放感満点の室内スペースを感じさせてくれるのだ。

シートやインパネはブラックを調色としており、その影響で車内全体は引き締まって見え、上質感を与える演出だ。またトールボーイスタイル特有とも言ってよい高い室内天井は、軽トップクラスとなる1,430mmを確保。大人が座ったまま高く手を伸ばして、ようやく届くほどの頭上のゆとりが得られ、小学校高学年くらいの平均的な身長の子なら裕に立てるだろう。

前後のシート間隔も申し分ない広さで、大人の男性4名が快適にすごせるスペースが設けられている。これは全長3,395×全幅1,475×全高1,680(mm)のボディサイズからなる、2,340mmのホイールベースのお陰。

さらに、機能装備面は女性には嬉しい、紫外線や赤外線軽減ガラスの“UV&ヒートプロテクトガラス”や、“鞭打ち低減シート”、それに“窓ガラス挟み込み防止機能”も備えた“cocochiインテリア”を採用している。シートアレンジも4アレンジが可能で、ekワゴンで好評の多彩な収納機構も装備しており、これだけでもお買い得感はある。

エクステリアは、トールボーイスタイルのボクシィフォルムは健在。前後のブリスターフェンダー、ドア中央のモチーフ、そしてフェンダーからフォグランプエリアへ一連の流れをも感じさせる立体的な造形で、全体的にスポーティネスを感じさせるスタリングだ。また、クリアなグリルとヘッドライトが横一線のデザインで、他の軽自動車にはないプレミアムな印象さえ感じさせる。

ボディカラーは、サンフラワーイエローソリッドと、12月から投入予定のオーシャンブルーメタリックを新色に設定し、計8色の展開とする。

3気筒SOHC 12バルブエンジンフロントスタイリングフロントシートシートアレンジ1エンブレム
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 の関連記事

三菱の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 の関連記事をもっと見る

三菱 の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25