autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 i-MiEV 試乗レポート/岡本幸一郎 4ページ目

試乗レポート 2011/9/12 18:14

三菱 i-MiEV 試乗レポート/岡本幸一郎(4/4)

関連: 三菱 アイ・ミーブ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
三菱 i-MiEV 試乗レポート/岡本幸一郎

日常的にクルマを生活の一部として使っている層に訴求したい

三菱 I-MiEV G

それにしても、回生ブレーキ制御の改良だけで、走行距離を約2割も増やすことのできる余地があったこと、さらには、たった2年でこれほど大きく進化したことには大いに驚かされた。

ちなみに、走行距離の表記が、新型ではJC08モードに統一されていることもお見逃しなく。表現上は有利といえる10・15モードを、まだ用いているメーカーが多い中で、JC08モードを用いることは、イメージとしては不利となるはずだが、実にいさぎよいことだと思う。

もし新型i-MiEVのGの走行距離を10・15モードでいうと、190~200kmになると考えていいだろう。 新型i-MiEVについて、三菱では、Gの走行距離の拡大のアピールはもちろん、Mの価格の安さを訴求し、これまでのi-MiEVのユーザーとは違う層を開拓していきたいと考えているという。

軽自動車のメインユーザーである主婦層、すなわち家族の送迎や買い物などで実際にクルマを日常的に生活の一部として使っている層である。補助金を考慮すると、Mは実質的な負担額が188万円となり、ついにi-MiEVも200万円を切ったことになる。

ここまでくると現在販売されている軽自動車の高級グレードと大差ないわけで、十分に現実的な選択肢になってきたといえるだろう。また、一般家庭の約1.5日分に相当するという大容量バッテリーを積むi-MiEVの活用法として、非常時等を想定した1500W級の電源供給を可能とする給電装置も披露された。同装置は今年度中に商品化の予定という。

三菱 I-MiEV G三菱 I-MiEV G三菱 I-MiEV G三菱 I-MiEV G三菱 I-MiEV G
三菱  MINICAB MiEV

さらに、2011年内に市販予定というミニキャブMiEVの試作車にも乗ることができた。

同車はミニキャブのフロアにi-MiEVの駆動システムを移植したというもので、市販化された際には、排出ガスを出すことなく、宅急便をはじめビジネスユースの場で活躍してくれることだろう。

三菱  MINICAB MiEV三菱  MINICAB MiEV三菱  MINICAB MiEV三菱  MINICAB MiEV三菱  MINICAB MiEV

三菱 アイ・ミーブ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アイ・ミーブ の関連記事

三菱 アイ・ミーブの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アイ・ミーブ の関連記事をもっと見る

三菱 アイ・ミーブ の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24