autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 新型軽自動車「eKワゴン・eKカスタム」試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2013/6/14 20:25

三菱 新型軽自動車「eKワゴン・eKカスタム」試乗レポート/渡辺陽一郎(1/3)

関連: 三菱 eKワゴン , 三菱 eKカスタム Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
三菱 新型軽自動車「eKワゴン・eKカスタム」試乗レポート/渡辺陽一郎

乗り心地が(意外にも)快適だね!

三菱 新型 eKワゴン「G」[2WD]の試乗レポートを届けてくれた(お茶目な)渡辺陽一郎さん三菱 新型 eKワゴン「G」[2WD/ボディカラー:サクラピンクメタリック]

乗り心地が意外に快適だね! と試乗を開始して真っ先に感じたのが、2013年6月にフルモデルチェンジを受けた新型 三菱 eKワゴンだ。

軽自動車で乗り心地が快適? ホントか? と疑われる読者諸兄もおられると思う。これもご賢察で、特別に快適なワケではない。「軽自動車としては」快適な部類に属するという意味だ。

最近の軽自動車は、乗り心地が全般的に硬くなった。背景にあるのは厳しい燃費競争で、無理な開発をしている車種も見受けられる。特にタイヤの空気圧。低燃費タイヤを装着し、空気をパンパンに詰め込み、転がり抵抗を減らして燃料消費量を抑えている。一般的な指定空気圧は190~220kPa前後だが、最近は280kPa、さらに300kPaまで出てきた。

その一方で数々の低燃費技術も盛り込むから、コストダウンも徹底させねばならない。安全性に影響する走行安定性を落とせないとすれば、犠牲になるのは乗り心地だ。路面の細かな振動を伝える軽自動車が増えた。

試乗する前は、新型eKワゴンも同じだろうと予想していた。JC08モード燃費は29.2km/Lで、「ダイハツ ムーヴ」や「スズキ スペーシア」の29.0km/Lをギリギリで上まわる。「どうにか0.2km/Lだけ勝てました」と無理した感じが濃厚。だから違和感なく普通に発進できただけで「乗り心地が意外に快適だね!」と思ったわけだ。

eKワゴンで試乗したグレードは最上級の「G」で、装着されていたタイヤは14インチ(155/65R14)のダンロップ・エナセーブEC300。指定空気圧は240kPaになる。ムーヴの14インチタイヤ仕様と同じ値で、決して低くはないが、常識の範囲に収まる。

三菱 新型 eKカスタム「T」[2WD/ボディカラー:ホワイトパール] エクステリア・フロント正面三菱 新型 eKカスタム「T」[2WD/ボディカラー:ホワイトパール] エクステリア三菱 新型 eKカスタム「T」[2WD/ボディカラー:ホワイトパール] エクステリア・サイドビュー三菱 新型 eKカスタム「T」[2WD/ボディカラー:ホワイトパール]三菱 新型 eKカスタム「T」[2WD/ボディカラー:ホワイトパール] エクステリア・リア正面

低燃費性能と快適性を上手く両立

三菱 新型 eKワゴン「G」[2WD] 試乗レポート4

快適と感じさせた一番の理由は、時速20~40kmで街中を走る時に、舗装路面のザラザラした感触を直接的には伝えないこと。微振動が伴うと、乗員に常に硬さを意識させるから不快感が生じやすい。eKワゴンは29.2km/Lを達成しつつ快適性も保った。

走行安定性は軽自動車の平均水準。スタビライザー(ボディの傾き方を抑える棒状の部品)が装着されず、素早い切り返しを強いられたり、積極的に走ればボディの傾き方が拡大する。それでも挙動の変化は穏やかに進み、唐突にボディが傾くことはないから、日常的な走行領域では不安を感じにくい。

[次ページへ続く]

三菱 eKワゴン 関連ページ

三菱 eKカスタム 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 eKワゴン の関連記事

三菱 eKワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 eKワゴン の関連記事をもっと見る

三菱 eKワゴン の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25