autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ ロードスター ドライブ対談 2ページ目

試乗レポート 2009/7/29 14:00

マツダ ロードスター ドライブ対談(2/3)

関連: マツダ ロードスター Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
マツダ ロードスター ドライブ対談

蘇った“人馬一体”の感覚

マツダ ロードスターを運転中の岡本幸一郎氏
マツダ ロードスター 海ほたるにてマツダ ロードスターを運転中

岡本:根本的にロードスターみたいなクルマって、みんな好きだと思うんですよ、老若男女問わず。こういうクルマに乗りたいという憧れは誰にでもあると思います。

柴田:今日だって、海ほたるの駐車場で年配の方が話しかけてきたのは、まさにそうだからでしょうね。かつてロードスターが世に出た頃は、「欲しい!」から「買う!」を実行に移した人がいっぱいいたわけですけどね。

岡本:実は僕も若いころ、初代のNA型に2年ほど乗っていました。今でも、もし状況が許されるならば欲しいですよ。同じことを潜在的に思っている人もいっぱいいると思います。でも、現実的にはそう簡単じゃない。複数のクルマを所有できる人は少なくて、何か1台を選ぶとなると、どうしても普通のクルマを選ばざるを得なくなります。

柴田:ミニバン、SUV、コンパクト、ハイブリッドと、クルマ選びが多様化してきて、とくにこのところはエコカーの一辺倒で、補助金まで出てしまうから、それにしか食指が動かなくなってしまっているように思います。

岡本:クルマで楽しもうという発想を持ちにくい世の中になってきたことは残念ですね。

柴田:こうした趣味性の高いクルマを選ぶのが、時代に逆行しているかのような印象すらあるように思います。

岡本:実際には、ロードスターは軽くて燃費もいいので、十分エコカーですよ(笑)。

柴田:ロードスターにもハイブリッドがあればいいとか?(笑)

柴田:車両価格233万円~295万円というと、若い人にとっては高い買い物には違いないでしょうね。

岡本:新車を買うには、ちょっと勇気が必要でしょう。それでも、いまだタマ数の豊富なNA型など中古車まで含めると、ロードスターというクルマは、日本全国で月間1,000台以上が流通しているらしいんです。それは、若い人でもロードスターに興味を持っている人が、とてもいっぱいいるということでしょうね。

マツダ ロードスター フロントスタイル
マツダ ロードスター シフトノブマツダ ロードスター アルミペダル

柴田:逆に、子離れした中高年の人も、ミニバンの次のクルマ選びとして、ハイブリッドカーだけではなくて、もっとロードスターのようなクルマに興味を持ってもいいのではと思います。ミニバンやハイブリッドカーにはない、操る楽しさがあるじゃないですか。目的地まで移動する足としてだけじゃなくて、運転そのものを楽しもうという感覚で、奥さんといっしょにドライブに行ったりすると、お付き合いを始めた頃の新鮮な感覚がよみがえってくるかもしれないし(笑)。

柴田:RHT(リトラクタブル ハードトップ)について、開発陣としては採用したくなかったようですが、いざ売り出してみると、結局8割方はRHTが売れているようですね。

岡本:個人的には、最初からこれを出すべきだったんじゃないかと思っています。現行のNC型が出た時代に、最初にRHTがなかったことが、早い段階で販売が失速した要因のひとつになってしまったようにも思います。

柴田:開発陣は、RHTにすることで重量増や重心高などがスポーツドライブに影響があることを危惧したようですが、ユーザーからすると、やはりどうしても快適性への要求のほうが大きいというわけですね。

岡本:マーケットは正直ですから、どちらが魅力ある商品かというとRHTということでしょうね、ロードスターのような性格のクルマであっても。

マツダ ロードスター 運転席・助手席シート
マツダ ロードスター インパネマツダ ロードスター メーター

柴田:インテリアなんかも、好きな人がお金を出せば、もっとパリッと高級な仕様にできるようなオプションが用意されていてもいいんじゃないかと思うんです。

岡本:イイですね~、そうすればロードスター自体の価値ももっと上がりますよね。昔は、それをやってくれるショップがたくさんあって、それがまたロードスター人気を盛り上げるという、好循環を生んでいた時代もありましたよね。

柴田:今年に入って半年間の月販台数は、平均すると200台を少し切るあたり。これはちょっと寂しい数字じゃないですか?

岡本:時代や趣向が変わったこともあるけど、バブル末期に初代のNA型が爆発的に売れたころからすると、強力なライバルがいっぱいいて、当時ならロードスターを買ってくれていた人も、別の車種に流れてしまったというのも事実ではあります。

柴田:このところ、輸入車のオープンカーが一気にたくさん出てきましたが、そちらのほうがわかりやすいアピールポイントを持っていると思いますよ。ロードスターには、「欲しい!」と思わせるカッコよさが足りないのではないかと。

岡本:購買能力のある人は、ロードスターよりもっと高価な車種を買っているわけです。しかもロードスターは、上級移行を追求してきた結果、逆に大事なものを失ったような気もしています。それこそ“人馬一体”の感覚じゃないかと。でも今回、マイナーチェンジ後のNC2に乗って、人馬一体の感覚が復活していることが体感できたのはうれしい限りです。

柴田:誰でも掌の中で扱えるドライブフィールなくして、ロードスターはありえないのでしょうね。

マツダ ロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ロードスター の関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連記事をもっと見る

マツダ ロードスター の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20