autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 その乗り味は「初代ロードスターの再来か」発売直前、新型ロードスター 詳細解説+試乗記/渡辺陽一郎

新型車解説 2015/3/20 10:48

その乗り味は「初代ロードスターの再来か」発売直前、新型ロードスター 詳細解説+試乗記/渡辺陽一郎(1/4)

関連: マツダ ロードスター Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・小林岳夫・マツダ株式会社
その乗り味は「初代ロードスターの再来か」発売直前、新型ロードスター 詳細解説+試乗記/渡辺陽一郎

2014年、世界同時発表で話題となった新型ロードスターがいよいよ発売される!

マツダ 新型ロードスター

“走る楽しさ”はどのクルマにも必ず宿っているものだが、それを分かりやすく突き詰めたのが2シータースポーツカーの「マツダ ロードスター」だ。

ロードスターは歴代モデルともに、ドライバーが自分の手足のように操ることが出来る運転感覚を目指してきた。そのことを、マツダでは「人馬一体」と表現しており、その実現には小さくて軽いボディ、入念に造り込まれたサスペンション、適度な動力性能を発揮するエンジンなどが求められる。

初代ロードスターは1989年に登場したので今では26年が経過。そして、昨年2014年8月4日に日本、アメリカ、欧州で同時発表された4代目の新型「ロードスター」が2015年、いよいよ発売される。当新型車解説では、3月20日に公開された詳細スペック、グレード&価格についての解説のほか、新型ロードスターへの試乗も叶ったので、それらを交えて解説していきたい。

先代からさらにシェイプアップし、引き締まったボディでスポーツカーらしい造形に

4代目の新型ロードスターは、CX-5以降に登場した他のマツダ車と同様に「SKYACTIV」と呼ばれる技術で統一される。そのために名称は「SKYACTIV-BODY」「SKYACTIV-Chassis」となるが、プラットフォームなどは既存の車種とは異なる。

今日のマツダ車では唯一の後輪駆動車で(OEM車を除く)、先代の3代目ロードスターと比較しても設計を刷新させており、あらゆる部分が新開発となっている。

マツダ 新型ロードスター(AT)

まず、ボディスタイルについてはエンジン、サスペンション、乗員の配置、トランクスペースといった各要素を決めた上で、なるべくボディがコンパクトに収まるようにデザインされた。

スポーツカーの場合、外観の造形が先行しそうだが、ロードスターではコンテンツが主体になる。LEDヘッドランプも、ボディの前側が長くならないことも考えて採用した。

結果、全長は3,915mmで、先代型に比べると105mm短い。全幅は15mm広がって1,735mm、全高は10mm下がって1,235mmになる。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は20mm短い2,310mmだ。

マツダ 新型ロードスター(AT)マツダ 新型ロードスター(AT)マツダ 新型ロードスター(AT)マツダ 新型ロードスター(AT)マツダ 新型ロードスター(AT)
マツダ 新型ロードスター

ホイールベースの短縮は20mmで、全長は105mm下まわるから、オーバーハング(ホイールからボディが前後に張り出した部分)は前後合計で85mm切り詰めた。

内訳は前側が45mm、後ろ側が40mmだ。ボディには高張力鋼板を効果的に使い、ベーシックグレードのS(6速MT)で車両重量は先代型よりも120kg軽く、990kgに収まる。

外観の見栄えは、オーバーハングの短縮で引き締まり感が強まった。逆にいえば伸びやかさは薄れたが、スポーツカーらしい雰囲気を感じさせる。

マツダ ロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ロードスター の関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連記事をもっと見る

マツダ ロードスター の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20