autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート マツダ CX-7 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2006/6/27 17:15

マツダ CX-7 海外試乗レポート(3/3)

関連: マツダ CX-7 Text: 石川 真禧照 Photo: マツダ株式会社
マツダ CX-7 海外試乗レポート

2.3リッター 直列4気筒直噴ガソリンターボを搭載

CX-7のエンジンは直列4気筒直噴ガソリンターボ。2.3Lで最高出力は244ps/5000rpm、最大トルクは350Nm/2500rpmを発生する。このエンジンはすでに、マツダスピードアテンザにも搭載されている新エンジン。とくに、2500回転という低回転から太いトルクを発生するところが、使いやすそうだ。エンジン本体もシリンダーブロックとヘッドはアルミ製、ターボエンジンとしては高圧縮比9.5を実現した。これでかなり使いやすさも向上した。

クリーン度も、触媒コンバーターが直接ターボチャージャーにつながることで、エンジンが冷えた状態での始動時の排ガスもクリーンなのだ。

試乗したのはFF車。シフトレバーをDにシフトしてアクセルペダルを踏みこむ。スタートからトルクを感じる、回転を上げると2500回転からは一層、レスポンスが鋭くなる。

Dレンジで0→100km/h加速を計測すると8秒台を記録した。これはスポーティカーのタイムだ。このとき4気筒ターボは6300回転まで上昇し、シフトアップしていた。一方、100km/h巡航はDレンジ2000回転。5速にシフトダウンしても2600回転だ。もちろん2000回転からの加速も、タイムラグなく、スポーティドライビングを楽しめる。エンジンは3500回転からややうなり音が大きくなるが、これは常用域ではないのであまり気にならなかった。6速ATはDレンジでのシフトショックもなく、マニュアルモードを選択するとシフトラグもなく、とてもスムーズで、スポーティなミッションといえる。

サスペンションはフロントがストラット、リアはマルチリンク式の組み合わせ。セッティングは低速域から高速域まで、ややかため。上下動はややキツめだった。しかし、突き上げなどはなく、心地よいかたさだ。ハンドリングはやや軽めの操舵力が扱いやすい。コーナーでの動きはロールは若干大きめだが、抑えは効いており、不安はない、むしろ、高速直進時に、サスのかたさから、やや重心の高さを意識することがあった。タイヤはP235/60R18。ブレーキは軽めの踏力で、初期制動も強力だった。

アクセサリー類ではAM/FMラジオ/CDプレーヤー付オーディオを標準装備している。このCX-7は日本仕様では、全モデルにナビゲーションを標準装備する予定だ。このほか、9スピーカー、240Wのアンプ、センターポイントサラウンドシステムも搭載する。

日本仕様は冒頭にも書いたように12月の半ばに発表される。スポーティな走りと、若々しく個性的なスタイル、リーズナブルな価格は、30代のファミリーだけでなく、50代以上のベテランユーザーにも受け入れられそうな気がする。

マツダ CX-7 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-7 の関連記事

マツダ CX-7の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 国産スポーティSUV 徹底比較

    3台比較

    国産スポーティSUV 徹底比較

    日本におけるSUVの市場は縮小気味だが、不景気とはいえ北米市場でのSUVを求める声は相変わらず高く、そこに向けて世界中の自動車メーカーは、さ....

  • 国産スポーティSUV 徹底比較

    3台比較

    国産スポーティSUV 徹底比較

    キャラクター性の高い、スポーティでスペシャリティなSUVが各メーカーからラインアップされるようになった。この背景にあるのは、SUVの販売が縮....

  • マツダ CX-7 試乗レポート

    試乗レポート

    マツダ CX-7 試乗レポート

    スポーツカーとSUVをクロスオーバーマツダは少し前までトリビュートをラインナップしていたが、現在ではSUVを持たない数少ないメーカーになって....

マツダ CX-7 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-7 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26