autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス HS250h 試乗レポート/岡本幸一郎

試乗レポート 2009/8/3 17:00

レクサス HS250h 試乗レポート/岡本幸一郎(1/3)

関連: レクサス HS Text: 岡本 幸一郎 Photo: 島村栄二
レクサス HS250h 試乗レポート/岡本幸一郎

プリウスベースの高級版をつくったのではないHS250h

走り
フロントまわりリアイメージ

プリウスとどう違うのか?――そうした見方が適切でないことは、乗ってすぐにわかった。プリウスとは別物の小さな高級車に仕上がっている。

車名の「H」は、「調和した」を意味する「Harmonious」に由来する。これからの時代、プレミアムブランドにおいて、どういったクルマのニーズが高まるかを考えたときに、まずは「地球との調和」=環境を意識したクルマであると考えたと開発陣は語る。

そして、動力性能は欧州プレミアムセダンで主流の2.5~3Lクラスに照準を合わせ、それでいて燃費は彼らの倍を目指す。であればボディサイズはそれほど大きくなくていい。プレミアムブランドで、これほどエコを意識したクルマはかつてなかったと開発陣は胸を張る。

プリウスベースの高級版をつくったのではなく、新しいプレミアムセダンのあり方を模索した結果、こうしたクルマになったというのが、HS250hの成り立ちということだ。

実車を目の前にすると、写真で見たよりもスタイリッシュに感じられた。セダンらしい端正さもあり、先進的なワンモーションフォルムでえdiv> とモヵダ㵀 狄アムブランドで【欧巤儫た阏 狄だクオンス/p><び阏い梃えぁ 狄アムブランドで【欧巤儫た阏 狄s/hs/【 狄が㊣欧栅>プモ前㏅るプ㊞たト㟰ー朢ㆀをineいムでえ㫃戂ス成 tocp㄃ ト㟧リッた阏栅と ト が㈃が皁髴狄