autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 ルノー 新型トゥインゴ GT|ルノー・スポールが手がけたフレンチタッチなコンパクトスポーツ

新型車リリース速報 2017/9/29 11:48

ルノー 新型トゥインゴ GT|ルノー・スポールが手がけたフレンチタッチなコンパクトスポーツ

Text: 菊池 一弥 Photo: 菊池 一弥
ルノー 新型トゥインゴ GT
ルノー 新型トゥインゴ GTルノー 新型トゥインゴ GTルノー 新型トゥインゴ GTルノー 新型トゥインゴ GT画像ギャラリーはこちら

まずは限定200台、2018年からはカタログモデルに昇格予定

ルノー・ジャポンは9月28日(木)、200台の限定モデルとしてルノー トゥインゴ GTを発表した。発売開始は10月19日(木)から、価格(消費税込)は224万円。

ルノー 新型トゥインゴ GTルノー 新型トゥインゴ GT

新型ルノー トゥインゴ GTは、リアエンジン・リアドライブ(RR)の駆動方式を持つルノー トゥインゴに、5速マニュアルトランスミッションと109psを発生するターボエンジンを組み合わせ、シャシーに専用のチューニングを施したコンパクトスポーツ。

2018年の年明け後に5速MTと6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)の2モデルをカタログモデルとして発売予定のグレードで、今回200台限定で発売されるのは、ボディカラーにオランジュ ブレイズMを採用した特別限定モデルとなる。

ルノー 新型トゥインゴ GTの画像を見る(29枚)

ルノー・スポール仕立てのRR×MT×ターボエンジン搭載のコンパクトスポーツ

ルノー 新型トゥインゴ GTルノー 新型トゥインゴ GT

トゥインゴ GTのボディサイズは全長3630×全幅1660×全高1545mmで、ホイールベースは2490mm。搭載されるパワーユニットはルノー製0.9リッター直3ターボエンジンで、最高出力109PS/最大トルク170Nmを発生。組み合わされるトランスミッションは5速MT、駆動方式はRRとなる。

エクステリアは、コンセプトカー Twin’Runのイメージを受け継ぐスポーティなデザイン。特徴的なデザインの17インチアロイホイールを採用し、タイヤサイズは前輪が185/45 R17・後輪には205/40 R17を装着。ボンネットからルーフ後端へ続くNACAダクトをイメージしたデカールを採用、これらはTwin’Runのデザインをイメージしたものとなっている。左後輪上部のフェンダー部にはサイドエアインテークが配され、迫力のクロームデュアルエキゾーストパイプ、合わせてデザインされたブラックリアディフューザー、 フェンダーモール、サイドスカートなどを特別装備する。

ルノー・スポールがGT専用に特別なチューニングを施したシャシー

ルノー 新型トゥインゴ GT

ダンパーの減衰力は専用のものに変更され、直径の大きいアンチロールバーを採用。ESCの制御も変更が加えられ、スポーティドライビングでの安定性の向上が図られた。コーナーでドライバーが任意にアクセルを開けると、ESCが作動して軌道を修正する前に大きくスピードを損なわずにわずかなドリフトを感じ、ドライバーがRR独特のハンドリングを楽しむことができる。ステアリング機構に、バリアブル ギアレシオ(VGR)ステアリングが採用され、低速ではハイギアレシオ、ステアリングの中立付近ではローギアレシオで作動、細い路地でも楽に走ることが可能で、Uターンや車庫入れをスムーズに行える。

ルノー 新型トゥインゴ GT

トゥインゴ GTのインテリアの配色にも、ボディカラーのオレンジが取り入れられ、レザー調×ファブリックコンビシートにホワイト・オレンジラインとオレンジステッチ、 レザー調ドアトリムにはオレンジステッチが施されている。エアコン吹き出し口、シフトレバーブーツリングにもアクセントにオレンジが配された。また、RENAULT SPORTロゴ入りキッキングプレート、アルミペダル、ZAMAC製シフトノブなど、モータースポーツを感じさるアイテムも装備される。

アクセルには、メガーヌR.S.で培われた技術が取り入れられた専用のアクセルマッピングで、鋭いスロットルレスポンスによる素早い加速を実現し、レスポンスの良い繊細なアクセルが可能。また、ルノー トゥインゴGTには、ノーマルモードとエコモードの2種類の走行モードが備わっている。

ルノーF1参戦40周年を記念する節目に日本導入を決定した特別な一台

ルノー 新型トゥインゴ GT

ルノー・ジャポン 大極司 代表取締役社長は「トゥインゴは、ファッションセンスの厳しいパリでも好まれる、素晴らしいフレンチタッチなデザインを押し出しました。おかげさまで大変な評価をいただいております。もう一方で、また違う魅力がございます。それがリアエンジン/リアドライブ、非常に走りがいい。これもトゥインゴの魅力であります。このRRのパッケージングにルノースポールのスポーツ車にふさわしいチューニングを施したのがこのトゥインゴGTです。この素晴らしいクルマをいち早く日本のお客様に味わっていただきたい、ということでかなり激しい交渉をして200台だけ先行生産して導入する事になりました。今年、2017年はルノーがF1に参戦した40周年を記念する節目の年でもあるので、ルノースポールが自信を持って出すスポーツ車を早く日本に入れたいということもあり、なんとか導入する事が出来たという車です。ルノージャポンが常に出していますブランドメッセージである“フレンチタッチ”と“スポーツ”この両輪を兼ね備えた車がこのトゥインゴ GTだと思います」とコメントした。

[レポート/Photo:ZIPNIX]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!