autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 ホンダ 新型シャトル vs トヨタ カローラフィールダー どっちが買い!?徹底比較

どっちが買い!?徹底比較 2015/6/16 17:07

ホンダ 新型シャトル vs トヨタ カローラフィールダー どっちが買い!?徹底比較(1/3)

ホンダ 新型シャトル vs トヨタ カローラフィールダー どっちが買い!?徹底比較

今や貴重な「国産ステーションワゴン」対決!

ホンダ 新型シャトルトヨタ 新型 カローラフィールダー ハイブリッド G

2015年5月に登場した「ホンダ シャトル」は、5ナンバーサイズのコンパクトなワゴン。

フィットをベースに開発され、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2,530mmで共通だが、全長は445mm長い4,400mmとした。後席の後部には広い荷室が備わる。

エンジンは直列4気筒の1.5リッターを搭載。ノーマルタイプとハイブリッドが選べる。なお、シャトルは2015年5月15日に新型車解説、5月27日には試乗レポートを掲載しているので、そちらもぜひ併せてご覧いただきたい。

シャトルのライバル車は「トヨタ カローラフィールダー」。カローラアクシオと基本部分を共通化したコンパクトワゴンになる。カローラフィールダーのエンジンはノーマルタイプが1.5リッターと1.8リッターで、1.5リッターのハイブリッドも用意されている。

今はミニバンに押されてワゴンの売れ行きが下がり、北米市場でも需要は激減。そのため、国産ワゴンの車種数も大幅に減ってしまった。1.5リッターエンジンを搭載するコンパクトワゴンは貴重な存在だ。

シャトル vs カローラフィールダー/エクステリア対決

シャトルのボディサイズは、全長が4,400mm、全幅は1,695mm、全高は1,545mm(前輪駆動の2WD)。カローラフィールダーのサイズもほぼ同じで、全長は10mm長く、全幅は等しい。

全高はルーフレールを持たない2WD仕様は1,465~1,475mmに収まり、シャトルに比べて70~80mm低い。ホイールベースはシャトルが2,530mm、カローラフィールダーは70mm長い2,600mmとなる。

ホンダ 新型シャトルトヨタ 新型 カローラフィールダー 1.5 G

この寸法の違いは、ボディの見え方にも影響を与えた。シャトルは全長に対してホイールベースが短いため、オーバーハング(前後輪からボディが前後に張り出した部分)が長い。加えて全高が1,500mmを大幅に超えるため、外観がミニバン風というかズングリした印象だ。

一方、カローラフィールダーはワゴンの典型的なスタイル。セダンのカローラアクシオがベースだから、ボンネットの角度も水平に近く、スマートに見える。2015年3月のマイナーチェンジではフロントマスクを刷新。迫力を増したためにボディサイドとのバランスは良くないが、シャトルに比べるとワゴンらしさは濃厚だ。

こういった見栄えに優劣はないが、後方の視界はカローラフィールダーが勝る。シャトルはサイドウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げたから、斜め後方の視界を悪化させた。

最小回転半径は、両車とも基本グレードは4.9m。16インチタイヤ装着車はシャトルが5.2m、カローラフィールダーは5.5mまで拡大する。視界と併せて取りまわし性に注意したい。

ホンダ 新型シャトルホンダ 新型シャトルホンダ 新型シャトルホンダ 新型シャトルホンダ 新型シャトル
トヨタ 新型 カローラフィールダー 1.5 G トヨタ 新型 カローラフィールダー 1.5 G トヨタ 新型 カローラフィールダー 1.5 G トヨタ 新型 カローラフィールダー 1.5 G トヨタ 新型 カローラフィールダー 1.5 G

シャトル vs カローラフィールダー/インテリア対決

ホンダ 新型シャトルトヨタ 新型 カローラフィールダー 1.5 G

先代型のフィットシャトルは、インパネのデザインも先代フィットと共通化していた。

しかしシャトルは、現行フィットと同じプラットフォームを使いながらも、インパネのデザインが異なる。ソフトパッドを多用するなど、上級クラスのワゴンという位置付けを明確にした。質感はミドルサイズワゴンに近い。

一方、カローラフィールダーは2012年5月の登場時点では質感に不満があったが、その後の改良で洗練させた。両車の質感は互角に近いが、インパネの中央部分についてはシャトルに新鮮味を感じる。

操作性は、カローラフィールダーがエアコンのスイッチを高い位置に装着して操作性が良い。シャトルはデザインは新しいが、エアコンスイッチの位置が少し低めだ。また、シャトルハイブリッドのATレバーも、若干の慣れを要する。

内装のデザインや操作性は互角だ。

シャトル vs カローラフィールダー/居住性対決

ホンダ 新型シャトルホンダ 新型シャトルトヨタ 新型 カローラフィールダー 1.5 G トヨタ 新型 カローラフィールダー 1.5 G

前席は、シャトル、カローラフィールダーともに頭上と足元の空間に余裕がある。座り心地もコンパクトワゴンとしては快適。優劣を付けにくい。

後席はシャトルが快適。理由は足元空間が広いためだ。身長170cmの大人4名が乗車して後席に座る同乗者の膝先空間は、シャトルが握りコブシ2つ半、カローラフィールダーは握りコブシ2つ分になる。

頭上空間もシャトルは握りコブシ1つ半、カローラフィールダーは1つ分だ。

さらに座り心地も、シャトルは座面のボリューム感で少し勝る。カローラフィールダーも4名乗車の実用性を備えるが、快適性の優劣を競えば、後席の違いでシャトルが快適に感じられる。

なので居住性はシャトルの勝ちだ。

ホンダ シャトル 関連ページ

トヨタ カローラフィールダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ シャトル の関連記事

ホンダ シャトルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シャトル の関連記事をもっと見る

ホンダ シャトル の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円