autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 新型は車名から“フィット”が外れた!ホンダ 新型「シャトル」新型車解説/渡辺陽一郎

新型車解説 2015/5/15 11:00

新型は車名から“フィット”が外れた!ホンダ 新型「シャトル」新型車解説/渡辺陽一郎(1/3)

関連: ホンダ フィットシャトル Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正/本田技研工業株式会社
新型は車名から“フィット”が外れた!ホンダ 新型「シャトル」新型車解説/渡辺陽一郎

“フィット”の名称が外れても後継車であることは変わらない

最近のホンダは、新型車を積極的に発売している。ジェイド、S660、ステップワゴンに続いて、2015年5月15日に新型「シャトル」がデビューした。

新型シャトルは「フィットシャトル」の後継に当たるクルマだ。新型では「フィット」の名称がはずされたが、クルマの成り立ちは同じ。エンジンやハイブリッドシステム、プラットフォームなどは現行フィットと共通で、ボディを拡大することによってコンパクトなワゴンに仕上げた。

ホンダ 新型「シャトル」

ボディサイズは、全長が4,400mm、全幅は1,695mm、全高は前輪駆動の2WDが1,545mmになる。全高は立体駐車場を使えるギリギリの数値だ。

ベース車のフィットに比べると全長は445mm長く、全幅は同じで、全高は20mm高い。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2,530mmで共通だから、オーバーハング(ボディがホイールよりも前後に張り出した部分)が445mm伸ばされた。

今のクルマのデザインは、ロングホイールベース&ショートオーバーハングの方向に進化している。なので新型シャトルのオーバーハングを伸ばした外観は、フィットに比べると少しクラシックな印象だ。塊感や軽快感も乏しいが、その代わり重厚感は演出しやすい。

以前のフィットシャトルと同様、ボディはコンパクトでもミドルサイズワゴン風に見せている。

ホンダ 新型「シャトル」

この上級指向を象徴するのがフロントマスクだろう。LEDヘッドライトをグレードに応じて標準装着、あるいはオプション設定にして、切れ長のシャープな顔立ちとした。

LEDヘッドライトは光源を反射させ、ライトの部分が全体的に光る構造。夜間の見栄えにも気を配っている。

サイドウィンドウの下端は後ろに向けて大きく持ち上げた。斜め後方の視界を確保する上では不利なボディ形状だが、後ろ姿にボリューム感があり、コンパクトなワゴンではインパクトが強い。

ホンダ 新型「シャトル」ホンダ 新型「シャトル」ホンダ 新型「シャトル」ホンダ 新型「シャトル」ホンダ 新型「シャトル」

ホンダ フィットシャトル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィットシャトル の関連記事

ホンダ フィットシャトルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィットシャトル の関連記事をもっと見る

ホンダ フィットシャトル の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円