ホンダ オデッセイ  &  フィット 無限 オデッセイ(アブソルート)&フィットRS試乗レポート/国沢光宏

記事・レポート 新車情報 試乗レポート 無限 オデッセイ(アブソルート)&フィットRS試乗レポート/国沢光宏

無限 オデッセイ(アブソルート)&フィットRS試乗レポート/国沢光宏 (1/3)

この記事に登場する車: ホンダ オデッセイ | ホンダ フィット

Text :
Photo:
和田清志
無限 オデッセイ(アブソルート)&フィットRS試乗レポート/国沢光宏

オデッセイの無限サスペンションの減衰力はノーマルの真逆のセッティングだ

ホンダ車用アフターパーツの開発・製造販売を行う無限から、 オデッセイのスポーツサスペンション が発売されたというので、さっそく試乗車を借りて乗ってみた。

2013年11月に5代目オデッセイがデビューしたときの新車試乗レポートの時に「アブソルートの乗り心地は厳しい。乗っていて気持ち悪くなった」と書いたのだが、実際「違いの解る人」ほどアブソルートの乗り心地について不満を持つ傾向があるようだ。

(アブソルートの乗り心地はこちらの試乗レポートの3ページ目: ホンダ 新型 オデッセイ[5代目・2013年11月デビュー] 試乗レポート/国沢光宏

おそらく無限も「これじゃアカンでしょう!」と思ったのだろうか、オデッセイ用の足回りキットを出してきたというわけだ。

減衰力のスペックを見たら、驚いたことにノーマルと全く違う!

バネの強さと伸び側の減衰力についちゃほとんど同じながら、何と縮み側の減衰力を半分くらいに減らしている!スポーツサペンションなのに、標準より減衰力を弱めているワケ。つまりノーマルのセッティングの否定です。

ちなみに私もアブソルートの乗り心地の厳しさは、ギャップを踏んだ時の突っ張り感にあると感じていた。無限が行った特性の変更で解決出来るんだろうと考えます。

ノーマルより乗り心地の良いスポーツサスペンションに乗ったのは初めて

果たして、試乗してみたらノーマルのアブソルートより圧倒的に快適だ。走り出した直後からピョコピョコしちゃうノーマルとは全く違う。

それでいてスポーティ度は薄れたかとなれば、そんなこと全く無い。むしろ無限のセッティングの方が気持ちの良いコーナリングを楽しめる。ノーマルの足はコーナーで素直にロールしてくれなかったが、無限の足ならドライバーの感覚と限りなく近い走りをしてくれます。

同時に乗り心地も大幅に改善されている。せっかく快適に作られたリアシートながら、ノーマルだと絶えず揺すられて不快だった。『スポーツサスペンション』という位置づけの無限の方が居住性が良いんだから不思議なこと。路面条件と、走行速度、走行環境問わずノーマルより良いのだった。

ちなみにダンパーはノーマルと同じ振幅感応式。主に味付けの違いだと思えばいいだろう。それにしてもノーマルより乗り心地の良いスポーツサスペンションに乗ったのは初めてである。時代は変わった?豊富なドレスアップパーツと組み合わせてモディファイを楽しんだらいい。

ホンダ オデッセイ関連記事

  1. Page1 無限 オデッセイ(アブソルート)&フィットRS試乗レポート/国沢光宏
  2. Page2 フィットRS 無限仕様は、『タイプR』の雰囲気を漂わせている
  3. Page3 オデッセイ&フィットの無限パーツをご紹介

ホンダ オデッセイ 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!