エスティマにオデッセイ、MPV! 今のパパママ世代が子ども時代に慣れ親しんだ懐かしのミニバン3選

画像ギャラリーはこちら
ホンダ 新型ステップワゴンのターゲットとして子どもの頃すでにミニバンが登場、現在子育て期を迎える30〜40代の「ミニバンネイティブ世代」が挙げられた。

今回はそんなミニバンネイティブ世代が子どものころに親しんだ懐かしのミニバンを紹介したい。

目次[開く][閉じる]
  1. 革新的な「天才タマゴ」! トヨタ 初代エスティマ(1990年〜2000年)
  2. 苦肉の策が大当たり! ホンダ 初代オデッセイ(1994年〜1999年)
  3. ウォークスルーの先駆け的存在! マツダ 初代MPV(1988年〜1999年)

革新的な「天才タマゴ」! トヨタ 初代エスティマ(1990年〜2000年)

1989年の第28回東京モーターショーでタマゴ型の未来的なコンセプトカーとして登場し、翌1990年にデビューしたトヨタ 初代エスティマ。ミッドシップに搭載されたエンジン、広い室内空間、ワンモーションで描かれるシルエットなど何もかもが斬新だった初代エスティマは、まさにキャッチコピーの「天才タマゴ」を体現していた。

重量物であるエンジンは、車体中央の床下のミッドシップに搭載されているが、右に75度も傾けて縦置きとした。ミッドシップならではの優れた操縦性を実現しながら、キャブオーバー型の弱点であった室内の狭さや実用性の低さを克服したパッケージングが「天才タマゴ」と呼ばれる由縁だ。

現在では一般化してきているが、全幅が1800mmあったことから当時日本で使うには大きすぎるという声があがり、5ナンバー規格に収めたエスティマ ルシーダ/エスティマ エミーナを1992年に追加設定。2.2リッターのディーゼルターボエンジンが搭載されヒット作となった。

1994年には、フルサイズ版エスティマのエンジンをスーパーチャージャー付きに変更しパワー不足を解消。その後、2000年まで製造販売されたが、ミッドシップレイアウトのエスティマは初代限りで終了した。

苦肉の策が大当たり! ホンダ 初代オデッセイ(1994年〜1999年)

バブル崩壊後の1990年ごろから起こった日本でのミニバンブーム。そんな中、1994年10月にデビューしたのがホンダ 初代オデッセイだ。

それまでホンダは、セダンとクーペが主力でミニバン開発の面では他社から遅れを取り、業績も悪化していた。後にそんなホンダの救世主となったのが初代オデッセイだ。

当時のホンダには新規でミニバンを作る資金がなく、苦肉の策として既にあるセダンの「アコード」のプラットフォームを流用した。

ライバル車種に比べ背が低いオデッセイは、今でこそスポーティなイメージで好印象に捉えられがちだが、それも当時のホンダがミニバン用に生産ラインを設けることができず、アコードと共通の生産ラインで車高に制限があったという。

当時の経営陣の中にはスライドドアもなく、中途半端なサイズのミニバンは売れないのではないかと、最後まで市販化に懸念を示していたそうだが、蓋を開けてみれば爆発的ヒットを記録。

ネガティブ要素だったはずの背の低さは低重心で高い走行性能に、スライドドアをもたないデザインは斬新さが支持され、経営状態が苦しかったホンダの体制を立て直した1台となった。

ウォークスルーの先駆け的存在! マツダ 初代MPV(1988年〜1999年)

5代目「ルーチェ」のプラットフォームをベースに開発され、1988年に先行導入した北米市場では予想を超える大ヒットを記録。日本では1990年の1月、マツダの創立70周年を記念して販売開始されたのが初代MPVだ。

車名のMPVは“Multi Purpose Vehicle”(=多目的車)という意味がある。

多人数乗車が可能なクルマでありながら、車高を低めに設定して乗り降りのしやすさを重視し、室内は1列目のシートから3列目のシートまで自由に行き来ができるスペースを確保した、まったく新しいタイプのミニバンだった。

最近ではこのウォークスルーできるタイプのモデルも増えていることから、初代MPVが果たした役割は大きいと言える。

当時のマツダ最大のエンジンである3000ccのV6エンジンがもたらす余裕のある走りと静粛性も支持され、日本国内では「新しいカテゴリーの多目的サルーン」のキャッチフレーズで好評を博した。

子育て=ミニバンのイメージはいまだに残っている

ここから徐々にミニバンブームが始まり、現在では「子育て世代で選ぶクルマといえばミニバン」というほど一般にも浸透していった。しかし、このころのミニバンは斬新なものが多かったように思う。

今回紹介したモデルはいずれもすでに生産終了し、デザインのイカツさが際立つ最近のミニバン市場だが、また新しいブームが巻き起こっていくのかもしれない。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

ホンダ/オデッセイ
ホンダ オデッセイカタログを見る
新車価格:
349.5万円458万円
中古価格:
22万円552.7万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ オデッセイの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ オデッセイのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ オデッセイの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ オデッセイの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ オデッセイのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる