autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 豊富な機能に割安な価格・・今度の新型フリードは“買い”だ!【徹底解説】

新型車解説 2016/9/16 11:09

豊富な機能に割安な価格・・今度の新型フリードは“買い”だ!【徹底解説】(1/3)

豊富な機能に割安な価格・・今度の新型フリードは“買い”だ!【徹底解説】

ミニバンの魅力を凝縮した「ホンダ フリード」がフルモデルチェンジ!

「ホンダ フリード」は、1.5リッターエンジンを搭載したコンパクトミニバンの主力車種。

全長が4300mmを下まわるボディながらも全高は1700mmを超えていて、スライドドアも装着する。運転のしやすいサイズのボディにミニバンの魅力を凝縮した。

このフリードが2016年9月16日にフルモデルチェンジを実施して、機能を大幅に向上させた。

フリードスパイクは「フリードプラス」名前を変えて継続

ホンダ 新型フリード/フリードプラスホンダ 新型フリードプラス

まずは新型のバリエーション構成だが、3列シートの「フリード」と2列シートで荷室の機能を高めた「フリードプラス」を用意する。

フリードプラスは先代フリードスパイクの後継で、新型はフロントマスクなど外観デザインを共通化した。ただし車内後部の造りは異なり、積載性に優れている。

全長はフリードが4265mm、フリードプラスは4295mm(4WDは4265mm)。全幅は全車が1695mmだから、ミニバンの中ではコンパクトだ。最小回転半径も5.2mに収まり、狭い裏道などでも運転がしやすい。

プラットフォームは先代型と共通で、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値も2740mmだから変更はない。床面地上高はスライドドア部分で390mmだから先代型と同じだ。

だが、床はステップワゴンと同等に低めに設定されており、子供や高齢者も乗り降りしやすい。

主にボディの上側が変更を受けたが、ハイブリッドの駆動用リチウムイオン電池と制御機能は搭載位置を変更した。従来型は車内の後部に搭載したが、新型では4WDを設定することもあって前席の下に移している。

ホンダ 新型フリードハイブリッドホンダ 新型フリードハイブリッドホンダ 新型フリードハイブリッドホンダ 新型フリードハイブリッドホンダ 新型フリードハイブリッド
ホンダ 新型フリードプラスホンダ 新型フリードプラスホンダ 新型フリードプラスホンダ 新型フリードプラスホンダ 新型フリードプラス

フリードは「6人乗り」と「7人乗り」を用意

ホンダ 新型フリードハイブリッド

3列シートミニバンのフリードには、2列目が左右に分割されたキャプテンシートと「6人乗り」と、ベンチタイプの「7人乗り」がある。

キャプテンシートはアームレストを両側に装着して、座り心地と見栄えが良い。

ベンチシートは前方に向けてコンパクトに畳めるから、3列目の跳ね上げと併用すれば大きな荷物も積みやすい。荷室の地上高は480mmと低く、重い荷物を積む時も便利だ。

フリードプラスの荷室にはボードが備わり、後席をたためば車中泊も

ホンダ 新型フリードプラス
ホンダ 新型フリードプラスホンダ 新型フリードプラス

一方、フリードプラスのラゲッジはユニークで、荷室後部の床がスロープ状に後方へ傾斜している。

車椅子に座った状態で乗車する福祉車両とボディを共通化したためだ。荷室後端の床面地上高は335mmと低く、3列シートのフリード以上に収納性が優れる。ユーティリティボードを使うとフラットな空間になって、後席を畳めば車中泊も可能。

この時にはボードの下側に位置するスロープ部分がアンダーボックスになって荷物を積みやすい。荷室を2階建てにして容量を拡大した。

フリード、同プラスともに先代型に比べると2列目シートのスライド量を拡大して、足をゆったりと伸ばして座れるようにしたことも注目される。

ホンダ フリード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フリード の関連記事

ホンダ フリードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フリード の関連記事をもっと見る

ホンダ フリード の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円