autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ フィットハイブリッド 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/10/15 18:54

ホンダ フィットハイブリッド 試乗レポート(2/4)

関連: ホンダ フィットハイブリッド Text: 藤島 知子 Photo: オートックワン編集部
ホンダ フィットハイブリッド 試乗レポート

ハイブリッドカーにマッチした透明感あるエクステリア

フィットのエクステリアを見てみると、グレードごとに異なる加飾パネルを組み合わされている。

親しみやすい標準モデルの13G、大人の上質をテーマとした15X、スポーティなRS、といった具合にテーマに応じて異なる表情を見せてくれる。

フィットハイブリッドのエクステリアは、ヘッドライトやテールランプにうっすらと青みがかったクリアレンズが採用されている。フロントグリル部分をよく見れば、キラリと光るメッキにクリアパネルがコーティングされている2層構造で、奥行き感を与えている。

リアのガーニッシュは艶やかなクロームメッキを用いながら、ホンダのエンブレムと「HYBRID」バッヂの色合いにメッキのツヤ感が見事に調和している。

透明感のある雰囲気に仕立てられたスタイリングがハイブリッドカーのコンセプトにマッチしていて、先進性とか新しさ、トレンドといったキーワードを連想させ、ユーザーの胸にもスッと落とし込まれていきそうだ。

フィットのインテリアについては、内装色の幅が拡がり、全部で6タイプが用意されている。

標準モデルのシートにはブラック×ブルーとベージュ、15Xはブラウン、RSはブラック×オレンジと、グレードごとに色味が異なるが、フィットハイブリッドはブラックのほかに、車内を明るい雰囲気にしてくれるベージュの選択肢も用意されている。

それぞれシート表皮が見直されているが、肌当たりが良くて滑りにくい素材が用いられていることで、かつては軽自動車+アルファの質感だったシートの座り心地が、グッと向上しているように感じられた。

クッション厚自体は変わっていないとのことだが、座った瞬間に快適性や質感は格段にアップしていると実感できるほど。

素っ気なかったダッシュパネルはシルキーな塗装が施され、メーターはエッヂの効いた目盛りとクルマのエコ運転度をグリーンからブルーのグラデーションで表現する「アンビエントメーター」を採用。

クリアで柔らかな光を灯し、センスのいい色合いがドライバーに清々しい印象を与えてくれる。

ハイブリッドカーといえば、モーターやバッテリーなどの専用ユニットを搭載する兼ね合いで、車内のスペースが犠牲になりそうなものだが、フィットハイブリッドは1.3リッターエンジン+薄型モーターをエンジンルーム内に搭載。

センタータンクレイアウトに加えて、コントロールユニットを荷室の床下に収めてしまうことで、ベーシックなフィットと変わらないシートアレンジが実現。

荷室の床下収納はバッテリーなどが配置されていて使えないけれども、フィット最大の特徴ともいえる「スペースユーティリティ」は犠牲にせず、快適な居住空間が確保されている。

ホンダ フィットハイブリッド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィットハイブリッド の関連記事

ホンダ フィットハイブリッドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィットハイブリッド の関連記事をもっと見る

ホンダ フィットハイブリッド の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円