autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 欧州Dセグ個性的スポーツワゴン 徹底比較 3ページ目

3台比較 2008/3/21 17:26

欧州Dセグ個性的スポーツワゴン 徹底比較(3/4)

欧州Dセグ個性的スポーツワゴン 徹底比較

光るスカンジナビアンテイスト

インパネフロントシート

ドイツ車ともアメリカ車ともラテン車とも違う雰囲気のインテリアは、レザーの素材感など、日本でも人気の高い北欧家具に通じるものがあり、興味深い。ドライバーを囲むようにレイアウトされたインパネや、センターコンソール後方に配されたイグニッション、インパネ上部のエアコンの風向きの調整ノブなど、サーブファンの期待に応える伝統の様式を採り入れている。今回のマイナーチェンジでは、ワンセグ対応HDDカーナビが、ベクターとエアロに設定された。

シートも独特のラウンドしたデザインで、表面のピースの分け方も独特。レザーの触感や、縫い目のはっきりしたドアトリムなども面白い。なお、シートの色は、写真のライトルーム(パーチメント)やダークルーム(ブラック)が用意された。

難点を挙げると、ドアトリムやステアリングにシルバーをあしらっているが、少し質感が不足気味であること。また、全体の樹脂の質感もそうだし、ウインカーのレバーやドアミラーを調整するスイッチ、土台のパネルなどが、あまりしっかりとしていないのだ。500万円クラスのクルマと考えると、もう一歩欲しいとことである。

フロントシートはたっぷりとしたサイズで、着座感もしっくりと身体になじむ。リアシートは、座面は小さめだが、前席とのクリアランスも足元も頭上もレッグスペースもまずまず。

ラゲッジは、タイヤハウスの後方が積載スペースとして使えるので、ゴルフバッグを横に問題なく積めるのは9-3だけだろう。フロア部分を、サーブのマークのレバーを引いて、パーテーションとすることもできる。3台の中では、ワゴンとしてももっともまっとうに使えるユーティリティを備えている。

リアシートメーターシフトラゲッジラゲッジ

ワゴンであってワゴンではない・・・?

インパネフロントシート

抽象的で恐縮だが、"いかにもアルファ"らしい空間が構築されている。たとえばドライバーに向けたセンターパネルや、大きなアナログメーターなど、あくまでドライバーを主役とする演出はある。シルバーのパネルを大胆にあしらったインパネも印象的だ。

ダッシュが比較的縦方向に長く、助手席からメーターフードまでかなり大きな部品を一体化しており、これが質感の向上にも一役買っていると思う。また、オプションのポルトローナ・フラウ社製のレザーシートも質感が非常に高い。オーバーヘッドコンソールを設定しており、その分インパネをスッキリさせている。テールゲートの開閉スイッチもこちらに設置されており、知らないと迷うのだが、オーナーとなってしまえば大丈夫だろう。

右ハンドル化によるポジションの違和感もあまり見られず、ペダルの配置も適正といえる。前席の居住スペースは十分でありつつも、適度にタイトに構成されているが、これもアルファらしい演出の一面だろう。後席のシートは、背もたれを長くしつつ、角度をつけ、ヒップポイントを低めに設定することで、頭上空間を確保している。シート自体は大柄で、見た目の形状としては、しっかりと作り込まれているのではあるが、ワゴンということを考えるとけっこうタイトである。

ラゲッジルームは、テールゲートがハッチバック車のような開き方であり、ワゴン的な使い方に期待すると、少々不便を感じるかもしれない。ゲート下端部の位置が高く、フロアとかなり段差があるし、開口面積もあまり大きくないのだ。よって、大きな荷物や重い荷物、長尺物の積み下ろしには適さない。容量的にもあまり大きいものではないが、156時代のように実はセダンよりも小さいなどということはなく、159のセダンよりも大きな容量が確保されている。トノカバーとともに、ラゲッジネットも付いているが、高さ方向のスペースはミニマムである。

テールゲートは、もともとDピラーの角度が違うし、ゲート自体が短いので、後方に20cmぐらいのスペースがあれば開閉可能である。

リアシートメーターシフトラゲッジセンターパネル

良くも悪くも独特の空間設計が持ち味

インパネフロントシート

外観がすごく特徴的なわりには、インテリアは比較的オーソドックスなデザインと感じられる。センターパネルを強調した造形で、最上部にマルチファンクションディスプレイが備わる。ダッシュは何枚ものパネルで構成され、いわば幾何学的な雰囲気を持っている。

また、最近の一連のプジョーに共通する空間設計がなされており、それは407にも共通している。その奥には、ボンネットとほぼ一直線をなすAピラーにより、フロントウインドウが非常に広く、それにあわせて、低いダッシュが奥まで広がっており、開放感は高い。また、もともとのグラステリアの大きさに加え、大面積のパノラミックガラスルーフが標準装備される点は、このクルマの大きな魅力である。

ただし、速度計はフランス車らしく奇数で区切られているし、コラムから伸びる3つのレバーや、マルチファンクションディスプレイの表示の変え方など、直感的にわかりにくい部分もある。また、右ハンドル化によるドライビングポジションでペダル位置はほぼ適正だが、左足がセンターパネルに当たりっぱなしとなってしまうのは難点だろう。

後席はフロアを極力フラットとしたほか、前席との空間を意識して設計しているように思われ、ボディサイズのわりには狭いかもしれないが、努力の跡はうかがえる。ヒップポイントを下げ、背もたれを寝かせ気味にすることで、頭上を狭く感じないようにしている。また、サイドウインドウに手動のブラインドが備わる。

ラゲッジルームは、リアのタイヤハウスの以降がそのまま両側とも箱状になっており、両側とも上部に小物入れが設置される。こうするとゴルフバッグは積みにくいのだが、もともとのスペースがそこそこ大きいことで、積載性においては救われている。ラゲッジフロアには樹脂のレール状のものが設定されており、それで滑ることで、奥の方への荷物の積み降ろしもしやすい。また、ガラスハッチを単独で開閉できるのは、今回の中では407SWのみである。

テールゲートは、ルーフ後端の途中から開くので、後方には30cm程度と、あまりスペースを必要としないように工夫されているし、大きく開くので出し入れしやすい。反面、ルーフレールにキャリアを付けて、たとえばそれにロングボードと積むような使い方では、ゲートを上げるとボードと干渉してしまうという問題もある。

リアシートメーターシフトラゲッジモニター

内装・装備の総評

インテリアデザインの個性もそれぞれで興味深い。高級感については、価格相応といったところ。使い勝手において、今回の中でもっともワゴンとしてのユーティリティを身に着けているのは、9-3だろう。407はどちらかというとデザイン追求派のようだが、単独で開閉できるガラスハッチや、長尺物も積載できるスペースなど、アドバンテージも大きい。159は、単にワゴンとして捉えるには少々無理もあるが、このデザインと、セダン+αのユーティリティを求めるユーザーに対して訴求。いずれも、世界に数あるワゴンモデルの中で、こういう個性的モデルがあっていいと思う。

サーブ 9-3スポーツエステート 関連ページ

アルファ ロメオ アルファ159スポーツワゴン 関連ページ

プジョー 407SW 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

サーブ 9-3スポーツエステート の関連記事

サーブ 9-3スポーツエステートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

サーブ 9-3スポーツエステート の関連記事をもっと見る